えっ…便を移植して「腸内環境を整える」治療法が便秘や肥満に効果!?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お通じで悩んでいる女性は多いですよね。便秘薬に頼っていると、ますます自力で便を出せなくなるともいわれており、できるなら自分の腸内環境を整えて、快調な毎日を過ごしたいもの。

腸内環境を整える方法として、最近注目されているのが、なんと他人の便を移植するという方法。驚愕のこの治療では、なんとダイエット効果が得られる可能性もあるとか。今回は、この治療法に加え、今すぐできるお手軽ケアをご紹介します。

 

他人の便を水に溶かしてIN!? 驚愕の治療法

近年、腸内細菌のバランスの乱れが原因とも考えられる病気の治療として、便を移植する治療が行われているそう。

10月4日付の日経新聞では、順天堂大学医学部特任教授の奈良信雄氏が、次のように説明しています。

「(便移植は)健康な人の便の成分を、炎症性腸疾患などの患者に移す治療法だ」

「具体的には、健康な人から糞便(ふんべん)を提供してもらい、適切な処理を施した後、大腸内視鏡やチューブを使って患者の腸内に移す」

他人の便を体内に注入するなんて、驚きですよね。

しかし、同記事によれば、健康な人の腸内細菌を移すことで、患者の腸内細菌のバランスを矯正する効果が期待でき、すでに専門の医療機関では実施されているようです。腸内細菌が整えば、便秘や下痢といったお通じの悩みも解消されるでしょう。

さらに、順天堂大学医学部附属順天堂医院消化器内科のホームページによれば、自己免疫疾患、糖尿病、肥満にも応用され始めているとのこと。これらの長期間の治療効果については、まだ結果が待たれている段階です。

肥満にも効果があることが明らかになれば、将来的には、便移植ダイエットが一般的になっていることもあり得るかもしれませんね。

 

■今すぐ手軽にできる腸活4つ

便移植はちょっとハードルが高いですよね。まずは、手軽にできる腸活を継続してみてはいかがでしょうか。

(1)お腹を時計回りにさする

仰向けになって、両手をお腹の上で重ねて、ゆっくり時計回りにさすりましょう。1分程度、リラックスしながら行って。『美レンジャー』の過去記事「これだけで!“便秘&ポッコリお腹解消”ねじれ腸対策マッサージ」もぜひ参考に。

 

(2)赤ちゃんのポーズで前後に揺れる

仰向けになり、膝を抱えて、頭を膝にくっつけるように持ち上げます。そのまま、前後にゆらゆら揺れて。腸を整えるだけでなく、疲労回復効果もあります。

 

(3)抹茶で腸壁を整える

抹茶には、ビタミンA、C、Eが豊富。粘膜を保護するビタミンAや組織を修復するビタミンC、抗酸化力のあるビタミンEで、腸壁を強くしましょう。

 

(4)味噌汁で乳酸菌チャージ

日本人が古くから親しんでいる味噌汁は、乳酸菌が豊富で、野菜もたくさん入れられるヘルシー食。一日一杯、飲むようにしてみて。

 

画期的な便移植。まだ手軽にできる方法ではありませんが、今後に期待ですね。しばらくは、セルフケアして腸内環境を整えるようにしましょう。

 

【関連記事】

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

※ 連休食べ過ぎたあなたへ!「-10kg痩せライター」のカロリー調整術

※ ひなのも1日1回飲んでいる!「味噌汁習慣」が女子には超絶イイ理由

※ 食で冬準備!体が求める「滋養のある食べ物2つ」薬剤師が指南

※ 食事中50分の…彼女の秘密!「食べても痩せ子」の技あり食習慣3つ

 

【姉妹サイト】

※ 眞鍋かをり、菊池凛子も!プロレスにハマる「プ女子」急増の理由とは

※ デキる人はココが違う!生産性が劇的アップ「仕事が捗るデスク」とは

 

【参考】

※ 日本経済新聞(2015年10月4日)

※ 潰瘍性大腸炎に対しての抗生剤療法と糞便移植療法の臨床研究について – 順天堂大学医学部付属順天堂医院 消化器内科