勘違い「カラーレス」女子が街中に!流行メイクの落とし穴3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血色チークに代わり、“カラーレスチーク”がトレンドの今。カラーレスチークとは、色味をたくさん使わずに“すっぴん”風に仕上げること。だからと言って手を抜いてしまうとまさかのぼんやり顔に。

そこで今回は、美容ライターである筆者が、カラーレスチークで陥りがちなミスを3つご案内します。

 

1:眉毛が薄い、もしくは細すぎる

カラーレスだからこそ、顔のパーツが引き立つようにメイクを施さなくてはいけません。眉毛が薄かったり細すぎたりすると、ぼんやりした地味顔に見えてしまうかも。

眉毛はまだらにならないよう、眉下、眉上のラインをきちん描いた後に、アイブロウパウダーを全体に載せてふわっとした質感を出します。眉毛が濃くなりすぎたらファンデーションパウダーをのせたり、綿棒を使うなどして濃さを調節して下さいね。

 

■2:ハイライトを入れない

カラーレスの肝はハリとツヤです!

過去記事「ぼや顔に瞬間メリハリ!“コンシーラー4点盛り”で光感じる立体感を」ではコンシーラーのみを使い、立体感のある顔を実現するテクをお届けしました。コンシーラーだけでもよいのですが、さらにツヤとハリを出すには、コンシーラーとスティック状ハイライターのW使いがオススメ。

(1)Tゾーン

ベージュ系ゴールドカラーの柔らかい光を出すハイライターでTゾーンをなぞって。白っぽいものやラメが大きなハイライターだとオイリー肌に見えるのでご注意を。細いスティック状のハイライターは、Tを描いたあとに指で馴染ませるだけなので便利です。

(2)眉下

眉下にある眉骨ハイライトを入れます。

(3)目頭

目頭に“くの字”に入れます。

(4)口角

口角から外側に1センチ程度、唇のアウトラインを際立たせるようにコンシーラーを塗り指でぼかします。口角をキュッと上に上げ、ふっくら唇に見せます。

上記の記事では写真を使って分かりやすく解説しているのでぜひご覧下さいね。

 

3:チークを入れない

カラーレスチークといってもチークをちゃんと入れます。ただし、赤みの弱いニュアンスカラーのベージュやペールゴールドなどをチョイスして。笑ったときに高くなる頬の位置から頬骨に沿って斜めの楕円形に入れます。頬骨を高く見せ、メリハリ顔になる効果が。

さらに、落ち着いた赤みのベージュブラウンのチークを先述のニュアンスカラーの少し上の頬に、ふわっと薄くのせると秋らしいしっとり美人に見えるだけではなく、立体感も倍増します。

 

眉、ハイライト、チークはいつも以上に手をかけて顔に立体感を出しましょう。アイやリップメイクを落ち着いたベージュピンクやコーラル系にするとカラーレス美女の完成です!

 

【関連記事】

ネイルも「血色チーク風」がホラ可愛い!ハロウィンもOKな新デザイン

アラサー以降の定番ブラウンに…待った!「くぼみ目」解消メイク技

石原さとみもチェンジ!色っぽく魅せる「フェロ眉」で女度急上昇

※ 秋の夜長は「アロマ」に決まり!美肌に排出…知らなきゃ大損な活用法

3つのポイントで!誰でも「失敗しないアイライン」が引けるテク

 

【姉妹サイト】

※ 1位は悪口ばかり…年下が「こうはなりたくない」と思う先輩女性が判明

※ 最初が肝心!「新しい環境」でスマートに受け入れられる4つの行動

 

【画像】

※ © Никита Кобрин / 123RF.com