「あぁ今日も眠れない…」を脱却!医師が教える生活改善術&漢方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西洋医学にはない“未病”という概念は、漢方医学特有のもの。漢方では、病気になってから治療するのではなく、普段の生活において心身の状態を整え、より健康な状態に近づけることを重視しています。

実際、飲酒や喫煙、ストレス、食生活など、さまざまな生活習慣が病気の原因となりますが、もっとも見過ごせないものの一つとしてあげられるのが睡眠。

デジタル機器の影響やストレス過多で不眠に悩む人は多いですが、漢方では不眠が健康状態に大きく影響すると考えられているのです。

そこで今回は、『芝大門 いまづ クリニック』の今津嘉宏先生に、睡眠の重要性と不眠によい漢方薬をお聞きしました。

 

■良質な睡眠の重要性

(1)肉体と精神の休息

レム睡眠は身体は休んでいても脳は活発に動いている状態ですが、ノンレム睡眠は脳も身体も完全オフ状態(微動だにしない状態)です。身体と心(脳)の両方がしっかり休まります。

(2)記憶と忘却

ノンレム睡眠時に重要な記憶は定着し、嫌な事は忘れる、という頭の中の整理整頓が進みます。

(3)成長ホルモン分泌

健康&美容に不可欠な成長ホルモンは、ノンレム睡眠時に分泌。成長ホルモンは日中に傷ついた肌や骨、筋肉などの組織や細胞の修復・再生・新生を担うだけでなく、栄養のコントロールも行います(代謝亢進)。

(4)免疫力アップ

睡眠時に分泌するメラトニンは抗酸化作用と免疫賦活(ふかつ)作用があるため、免疫力アップだけでなく アンチエイジングにも。

 

■睡眠改善のための漢方薬 

「睡眠薬のように直接眠りを誘発するのではなく、根本原因へと働きかけ、睡眠の質を上げて、心身の不調までも改善するのが漢方薬。不眠の場合もいきなり睡眠薬に頼るのではなく、まずは生活習慣の改善から。それでも不調な場合は漢方薬をおすすめしますが、なにより漢方薬による睡眠改善はリバウンドがないため安心です」と今津先生。 

今津先生がよく処方するのが、以下の二つです。

(1)抑肝散(よくかんさん)

不眠や睡眠障害の原因の多くが、精神(感情・理性・情緒を司る中枢神経。漢方医学では、“気”)の乱れが原因ですが、抑肝散は神経(気)のネットワークのバランスを整えてくれるため、イライラしたり、感情のコントロールができずに不眠となっている場合に最適です。幼児から老人まで幅広く服用できます。 

(2)五苓散(ごれいさん)

ふらつきやむくみ、めまい、耳鳴り、頭痛などの体調不良からくる不眠に。これらの不調は末梢神経のアンバランスが原因(漢方医学的には、“水”の乱れ)で起こります。水分代謝を整え、さらに痛みのモトとなる炎症を抑制することで、快適な睡眠へと誘います。

 

■良質睡眠のための生活習慣改善ポイントは?

(1)体内時計をリセットするため朝の光を浴びる

(2)リズミカルな筋肉運動(歩行、咀嚼など)

(3)セロトニンの材料となるトリプトファンやビタミンB6を食事で積極的に摂る

(4)入眠時に体温が高いと寝入りやすいため、入浴などで睡眠前に体温を高めておく

 

不眠は漢方の得意分野の一つ。しっかりと睡眠を取ることが心身の健康の基盤になります。

 

【関連記事】

※ 精神科医が説く4つのヒント!「職場の人間関係」を良くする魔法の思考

※ 薬剤師が警告!年を取るごとに「病気・ストレスを招く人」悪習慣3つ

※ 生薬との違い分かる?医師に聞いた「意外と知らない漢方薬」豆知識

※ 就寝前30分の…彼女のヒミツ!「快眠痩せ子」の寝る前習慣3つ

※ 運動嫌いでもラクラク!むくみ解消「ゾウ足脱却」ぶらぶらエクサ

 

【姉妹サイト】

※ あぁ「残念な石原さとみ」が街中に…眉メイクでやりがちな失敗とは

※ アレ、日本の人口って?「海外ビジネス」の場で知らないと恥ずかしいこと

 

【取材協力】

※ 漢方アンバサダーズ