【-10㎏痩せた】朝2つの問いかけで…「リバウンドしない私」になった!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一時的に体重を減らすことはできても、減らした体重をキープするのはなかなか難しいですよね。ダイエットのコツは、ダイエットを一過性のものにするのではなく、習慣にすることです。

そこで-10kg痩せてからもリバウンドゼロの筆者が、毎朝自分自身に問いかけ、太らないように意識していることをご紹介します。

朝の支度をしながら、通勤しながらなど、是非取り入れてみてくださいね。

 

 ■1:“何を食べたいか”体に問いかける

漢方薬の世界では、人は、体が欲している栄養素を摂取した時に「美味しい」と感じると言われています。朝ご飯にお味噌汁を飲むと、いつもより美味しく感じることはありませんか? これは、寝ている間に汗によって抜けた塩分を補ってくれるから。

また、油っぽい食事をした後に、さっぱりとした野菜や果物などをいただくと美味しく感じるのも、カリウムなどの栄養素が消化を促してくれるためだと言われています。

例えば前日に食べ過ぎてしまった時は、「朝ご飯は軽めにしたいから、飲み物やフルーツだけがいいな」とか、「最近疲れているから、甘いものを食べたいな」「今日はしっかり食べたいな」などと、何を食べれば美味しく感じそうか自分自身に問いかけ、体調によって調整するのが効果的。

最初は難しく感じるかもしれませんが、何が食べたいか自分自身に聞く癖をつけると、少しずつ自分にとって必要なものや、余分なものが分かるようになってくるはずです。

 

■2:前夜に食べたものが本当に必要だったか問いかける

仕事帰りや、飲み会の帰りに何となくコンビニに寄ってついスイーツやパンなどを買ってしまうことはありませんか。我慢できた時もできなかった時も、お腹が空いていたのか、それとも口さみしくてちょっと食べたかったのか、翌朝、自分自身に問いかけてみましょう。

一晩寝て、疲れがとれた状態で自分自身に問いかけると、原因が見えてきます。頑張りすぎてしまったり、嫌なことがあったりなど、ストレスを紛らわすためだったと自覚するケースもあるはず。

ストレスを食べ物で発散するのではなく、ゆっくりお風呂に入ったり、お気に入りの香りを嗅いだりと、自分を癒す方法をいくつか見つけて、解消する術を学ぶのがおすすめです。

 

食べたいものを、必要な時にしっかりと食べつつ、上記を意識してリバウンドを防ぎましょう。

 

【関連記事】

※ 【-10kg痩せた】ウインナー入りでも低カロ!自信作「秋太り防止」スープ

※ 【-10kg痩せた】私の最強ダイエット食「●●ご飯」の中身公開

※ 一気にお肌…艶プルッ!タンパク質たっぷり「最強食べ合わせ」3種

※ 即チェック!「万年ダダ疲れ女子」がほぼやってる悪原因まとめ

※ 肩こり&バストアップに!30分に1回したい「体に効く背伸びの仕方」

 

【姉妹サイト】

※ これは一石二鳥!楽しみながら「英語力をあげる映画の観かた」コツ4つ

※ なんと!「オーガニックコットンvs普通の綿」残留農薬の量は同じだった