赤い宝石「いくら」は…栄養と美容成分的にも宝石級だった!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つやつや・ピカピカ、まるで赤い宝石。鮭の卵“いくら”は、今が旬です。「プチプチとした食感が好き」といういくらラバーにとって、嬉しい季節がやってきました。ですが、いくらは、ただ美味しいだけではありません。 

そこで今回は、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、キレイに健康になれちゃう“いくらパワー”について、お話していきたいと思います。

 

■ビタミン豊富!いくらの美容・健康効果

小さな粒々・いくらには、下記のような栄養が含まれています。

(1)ビタミンA・・・皮膚や粘膜の健康を守る。

(2)ビタミンB群・・・疲労回復や脂質・糖質の代謝を助ける。ニキビや口内炎を予防する。

(3)ビタミンD・・・カルシウムの吸収を促進する。

(4)ビタミンE・・・老化や生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する。

(5)アスタキサンチン酸・・・目の疲労回復に役立つ。

(6)タンパク質・・・健康な肌や髪、爪、筋肉を作る。

(7)DHA・EPA・・・視力低下を改善。中性脂肪を低減したり、精神を安定させたりする。

これだけの栄養が詰まっているとわかったら、早速いくらが食べたくなりますよね。次に、筆者がオススメするいくらの醤油漬けと相性抜群の食材を4つご紹介します。

 

■いくらの醤油漬けと合う!オススメ食材4つ

(1)大根おろし+白ごま+いくら

(2)アボカド+いくら

(3)クリーム系のパスタ+いくら

(4)クラッカー+クリームチーズ+大葉+いくら

 

“いくらの醤油漬け=丼ぶり”というイメージを持っている方にとっては、少し驚きかもしれませんが、ぜひ試してみてください。

ただし、食べ過ぎると、塩分の摂取量が多くなってしまうので、気を付けてくださいね。

 

【関連記事】

※ 朝食は魚に決定!出来映えに感動「フライパンで焼き魚」片付けも楽々

※ 寒さ対策は食べ物から…「陰・陽・中庸食材」どのくらい知ってる?

秋が旬!「さつまいも・アボカド・玉ねぎ」が激マズになるNG保存法

食べなきゃ損!二十四節気でみる「いま一番体が求める」4つの味覚

※ 上位3つは500kcal超え!食べ過ぎ注意「高カロリー菓子パン」TOP10

 

【姉妹サイト】

※ おデブ一直線!研究で判明した「食べだすと止まらない」中毒食品

※ メンタルつよっ…!ノンスタイル井上に学ぶ「最強の前向き力」とは