食事中50分の…彼女の秘密!「食べても痩せ子」の技あり食習慣3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

友人との楽しいディナー。ところが、体型やダイエットを気にするあまり、「これはNG……これもNG!」とつい思ってしまって、心の底から食事を楽しめていないという方も多いのでは?

その一方で、何でも美味しそうに平らげてしまう、大食い痩せ子が存在するのも事実。「食べても太らないなんて、ズルい」と嘆く前に、彼女たちの秘密に迫ってみませんか?

そこで今回は、筆者の周りの大食い痩せ子を参考に、“食べても痩せ子の食習慣”をご紹介します。

 

■1:ディナー前にはおやつタイムを

意外に多いのが「今日は外食だから、おやつは抜き」という方。身に覚えがあるという方もいるかもしれません。

ところが、筆者の友人である痩せ子は、ディナーの約束をしていても、おやつタイムはしっかりキープ! その理由を尋ねると、「あまりにも空腹の状態で食事を始めると、体内の血糖値が急激に上がり、脂肪を溜め込みやすくなってしまうから」とのこと。

血糖値をゆるやかに上げるために、ディナー前にはおやつタイムがおススメです。なかでも、ヨーグルトやりんご、ナッツ類はGI値が低く、血糖値が急激に上がるのを防いでくれる働きがありますよ。

 

■2:メインだけでなく、アペタイザーやスープもオーダー

彼女たち痩せ子と食事に行くと、たいていメインのほかにアペタイザーとして冷菜、温彩を1品ずつ、さらにサラダとスープをオーダーします。

痩せ子曰く、野菜や魚、お肉をバランスよく食べることと、食事の順序を意識することが重要だそう。最初にサラダなどの野菜類を食べ、そのあとにスープ、アペタイザー、メインと順序を変えることで血糖値の上昇を抑え、糖や脂肪の吸収をゆるやかにしてくれるのです。

 

■3:食事にはたっぷりと時間をかけて

昔から「早食いは太るもと」ともいわれていますが、当然、筆者の周りの痩せ子たちは早食いなんてしません!
ディナーにはたっぷりと時間をかけ、五感をフルに使いながら、食事そのものを楽しみます。

「せかせかと急いで食事をするのは、ナンセンス。ゆっくりとよく噛むことで、満腹中枢が刺激され、満腹感も感じられるようになる」とのこと。

 

痩せ子たちとの食後は、心地よい満腹感に包まれ、二軒目に行く余裕もないほど。もしかすると、これもヒミツのひとつかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ スイーツ好き痩せ子の秘密!食べても太りにくい「甘い物の選び方」

※ 「食べても痩せ子vs.ダイエットポチャ子」決定的な違いをプロが解説

※ 何をいつ食べる?-10kg痩せ子が教える「おやつマニュアル」

※ 1ヶ月で-5kg減も!スルスル体重下降「痩せ子のスゴ技朝食」3つ

※ 「食べた分だけブチャ子」が学ぶべき!痩せ子の食事…2つの工夫

 

【姉妹サイト】

※ ホントにあなたも大丈夫? 働き女子の25%が「将来の備え」ナシと判明

※ 二度と誘うか!「食事デートで幻滅する女性」2位は店員に横柄、1位は