あそこに長居は絶対NG!結婚式で「イタい客」と呼ばれるNGマナーまとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10~11月は、結婚式シーズン。気候が良く、晴れの日も多いため、新郎新婦だけではなく、ゲストからも好評な時期です。「週末、結婚式にお呼ばれしている」と、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。ですが、ゲストとして“ただ楽しむだけ”というのはNG。最低限のマナーは身につけておく必要があります。

そこで今回は、「うわっ、非常識……」と、空気を凍らせないための結婚式のマナーを集めてみました。

 

■1:結婚式でのNGファッションとは……

ここでは、結婚式でのNGファッションをお伝えしていきたいと思います。「これから準備をする」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、「“え…それもダメなの!?”実は結婚式ではNGなファッション8つ」から。

(1)全身白、薄いベージュ

(2)全身黒

(3)肩が出るファッション

(4)ファーアイテム、革アイテム

(5)素足

(6)黒タイツ

(7)サンダル、オープントゥのパンプス

(8)大きめバッグ

続いて、「間に合ってよかった!勘違い女子多数“結婚式のNGファッション”3つ」から。

(1)露出にカツカツ音の靴

(2)生足や色柄の主張が強いストッキング

(3)BIGサイズのバッグ

 

■2:花嫁に嫌がられる6つの行動とは……

人生の一大イベント“結婚式”。そんな素晴らしい一日を台無しにしてしまうのが、「空気読めなすぎ!結婚式で“花嫁に絶交されちゃう”NG行動6つ」でお伝えしている下記の行動。

(1)控え室にサプライズ訪問

(2)久しぶりの再会でおしゃべり大会

(3)高砂に長居

(4)席替えをする

(5)黒づくめのファッション

(6)足元が自由過ぎ

なかでもやりがちなのが、(3)の高砂に長居。新郎新婦が、他のゲストと過ごす時間を奪わないように気を付けましょう。

 

■3:二次会でのNG行動とは……

最後は、二次会でのNG行動。「“二次会ならOKでしょ?”と意外とやりがちな結婚パーティNG行動」でお伝えしているようなふるまいには、要注意ですよ。

(1)会費をふくさに包む

(2)カジュアルすぎる服装

(3)椅子に座る

(4)プレゼントを持っていく

(5)高砂に長居する

挙式や披露宴に参加できなかった方を含め、多くの方が集まる二次会。受付で手間にならないように、会費はふくさに包まず、財布から直接出すと良いでしょう。また、お祝いのプレゼントは荷物になるので、後日渡したり、新居に郵送したりするのがオススメです。

 

いかがでしたか? 「あの人、イタいゲストだね」と、陰で言われることがないように、覚えておきたいものです。

 

【関連記事】

※ モテ女No.1!石原さとみ風「やわ顔」は3つのメイクテクで作れるっ

※ ゴム&ピン2本だけ!ウソみたいに簡単可愛い「ゆるりんサイドヘア」

 

【姉妹サイト】

※ 働きモテ子の秘技!明日着るべき「たったひとつのモテカラー」とは

※ 女子力高っ!福山雅治の「独身主義を吹き飛ばした」吹石一恵の魅力3つ

 

【画像】

※ Poznyakov / Shutterstock