5点以上は「肥満街道まっしぐら」!太る原因丸わかり…NG食生活診断

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかくダイエットをして痩せても、半年後には元通りになっていたということはありませんか? これはリバウンドというよりも、生活習慣に太る原因があったから。

夏に減った体重を元に戻さないためにも、もう一度生活習慣を見直してみましょう!

今回は、『改訂新版 目で見る!毎日の食事 カロリー辞典』(監修/上村泰子)を参考に、太る生活習慣チェックをしていきます。

 

■あなたの食生活チェック

(1)朝食を抜くことが多い

(2)人より食べるペースが速い

(3)おなかいっぱい食べないと気が済まない

(4)食事の時間が不規則

(5)テレビや新聞を見ながらダラダラ食べる

(6)ほぼ毎食後に果物やデザートを食べる

(7)清涼飲料水やお酒をよく飲む

(8)飲食でストレスを発散する

(9)21時以降に食べることが多い

(10)出されたものは残さず食べる 

 

■YESの数であなたの太りやすさを診断!

10~9・・・完全に肥満になるタイプ。すぐ食生活のパターンの改善を。

8~5・・・肥満街道まっしぐら。早めに改善の努力を。

4~3・・・肥満への分かれ道に立っている。今から改善の心掛けを。

2~1・・・YESの項目に気を付ければ大丈夫。

0・・・このまま肥満を寄せ付けない食習慣をキープ。 

 

■ダイエットの基本のコツ

YESの箇所があなたの太る原因。無理なく健康的にダイエットするために、以下の生活習慣を取り入れてみましょう。

(1)食事メモをつける

YESがついた項目について記録し、自分のパターンを知ります。

(2)こまめに体重をはかる

1日単位の変動よりも1週間、1ヵ月単位の大きな傾向を見るつもりで。

(3)無理せず長い目で続ける

無理のない減量の範囲は、1ヵ月に2kg程度を心得ましょう。

(4)家族や友人に協力してもらう

ダイエット仲間を作って励まし合うのもダイエットを長続きさせるコツ。

(5)1日1,600kcalを目安に

食事を抜かずに摂取カロリーを大幅に下げない・上げないようにします。

(6)食べ順を工夫

カロリーのほかにインスリンの分泌も体重増を関わりがあります。まずは野菜料理、ごはんものは最後に食べ、血糖値の急上昇を抑えます。

(7)食事のタイミングを工夫

間食を活用して血糖値を下げ過ぎないことも大事。

 

太らない生活習慣を心掛けていれば、外食が続いて体重が増えてしまったときも、体重は自然と元に戻っていきます。太りにくい身体のベースは、生活習慣を変えることで作ることができるのです。

 

【関連記事】

※ 上位3つは500kcal超え!食べ過ぎ注意「高カロリー菓子パン」TOP10

※ 「食べても痩せ子vs.ダイエットポチャ子」決定的な違いをプロが解説

※ 2ポーズでインナーマッスル強化!「ぶよよん出っ腹」改善エクサ

※ 不器用さんも「3分かからず」こなれヘアのイイ女!人気アレンジ3選

※ 心と体のプチトラブル解消!「ヨガ効果がグンと高まる」小さな意識3つ

 

【姉妹サイト】

※ 10%が急死…次長課長・河本も苦しむ「すい炎」になるNG食生活とは

※ 食べるだけでポッチャリ解消!秋美人をつくる「あずき」の凄い効果

 

【参考】

※ 上村泰子(監修)(2014)『目で見る!毎日の食事カロリー辞典 改訂新版』(学研パブリッシング)