プロ直伝「黒目コンタクト用」メイクのコツ5つ!目元の印象グーンとUP

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若々しさ・可愛らしさを感じさせるだけではなく、目力を見違えるように上げてくれる“黒目コンタクトレンズ”。その効果から、近頃では、アイシャドウやアイライン・マスカラと並ぶメイクアイテムのひとつとして捉えられるようになってきました。

ですが、「とにかく目を大きく見せよう」と、黒目コンタクトレンズ+盛りメイクをしていては、目元のインパクトが強くなりすぎて逆効果……、なんてことも。

そこで今回は、メイクアップアーティストの黒木絵里さんに、“黒目コンタクトレンズの魅力を引き立てるアイメイクのポイント”を教えてもらってきました。

 

■1:アイブロウ

「眉の色は、髪の色と瞳の色の中間が適しています」と黒木さん。アイブロウペンシル・アイブロウライナーを選ぶときの参考にしましょう。

また、黒目コンタクトレンズ装着時は、流行りの太眉にするよりもナチュラルな眉に仕上げる方が、目元が華やぐと言います。

眉頭はパウダーでぼかし、眉尻はペンシルでしっかりと描き、ナチュラルに仕上げましょう。

 

■2:アイシャドウ

黒木さんが今秋オススメするアイシャドウのカラーは、濡れたような質感を表現できる“パールが入ったオレンジ色”だそう。

アイシャドウを目のキワにのせた後、黒目の真上に向かってぼかし、高さを出すことで、パッチリと大きな瞳に見せることができるそうですよ。

 

■3:アイライン

アイラインを引くときは、黒目コンタクトレンズを生かすために、目尻を跳ね上げすぎないのがポイント。目のフレームに沿って、細めに引くと良いでしょう。

カラーは、優しい印象を持たせるブラウン寄りのものをチョイスしてみてください。パールが入ったメタリックなものも、瞳に輝きをもたらしてくれるので、今秋特にオススメです。

 

■4:マスカラ

マスカラは、ロングラッシュタイプのものを使い、黒目の上下を2度塗りしましょう。黒目がより強調されて、縦幅のあるパッチリ目に見せることができます。

 

■5:ハイライト

白目をより白く美しく見せると、黒目が際立ちます。そのために、ハイライトは必須。ホワイト系のアイシャドウやハイライトを、目頭~1/3程度を目安に涙袋にのせていきましょう。

目頭を“くの字”に囲っても良いそうですよ。

 

黒目コンタクトレンズとメイク、双方のバランスを足し引きして、魅力的な目元を演出しちゃいましょう。

なお、自分に似合う黒目コンタクトレンズが見つからないという方は、先日、『アキュビュー® ストア 表参道』に登場した『EYE DEFINE STUDIO』の瞳分析シミュレーターを体験してみてはいかがでしょうか。お気に入りの一枚が見つかるかもしれませんよ。

 

【関連記事】

そのケア大丈夫?充血に潰瘍も…「危ないカラコン使用例」4つ

肌荒れの原因「目の疲れ」とサヨナラするにはガム+鮭が最強ペア

自覚症状のない怖さ!眼障害が増加中「カラコンの危険性」

放置すればブルドッグ化!プロ伝授「頬のたるみ」をシュッと上げるテク

※ 5点以上は「肥満街道まっしぐら」!太る原因丸わかり…NG食生活診断

 

【姉妹サイト】

※ 7割の働き女子が職場環境に不満!それなら自分で改善「快適グッズ」4選

※ あ~結婚失敗したー!夫が妻に「コイツとはもう無理」と思う瞬間3つ

 

【取材協力】

※ 黒木絵里・・・メイクアップアーティスト。外資系化粧品会社2社での勤務経験後、学生時代に取得した専修学校准教員認定資格を活かしヘアショーや撮影等のメイクを担当。メイク講習の講師を務める。現在は『Eri Kuroki Make-up solution』を立ち上げ、代表としてメイク講師の傍ら、美容ライター、ヘアサロンのコンサルティング業務も行っている。

 

【参考】

『アキュビュー® ストア 表参道』 – ジョンソン・エンド・ジョンソン