食で冬準備!体が求める「滋養のある食べ物2つ」薬剤師が指南

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋医学では自然に逆らうことなく生活するのが、最高の健康法とされています。基本古典医学書(現存する中国最古の医学書)である『黄帝内経』には、人間は自然の気を受けて生きているので、季節の働きに合わせた生活を守ることが大切であると書かれています。 

それでは薬剤師であり、漢方薬・生薬認定薬剤師の村上百代さんに、冬の始まりであるこれからの季節に合った養生法を教えてもらいます。 

村上さんの新著『二十四節気に合わせ心と体を美しく整える 医者にも薬にも頼らない和の暮らし』からお伝えします。

 

■立冬(11月7日~11月21日頃)

【体調管理】

この時期は首に注意。首回りには脳に繋がる流れ、手首足首は漢方でいう経路の流れの中でも最も大切な十二正経の部位にあたります。全身をめぐる六像六腑の経脈(気血の流れ)すべてが通るので非常に重要なのです。

妊娠を望む人は、かぼちゃや人参などをしっかり食べ、まず貧血をなくします。気血の流れをよくするような適度な運動をしたり、骨盤の働きを正すためのストレッチをしましょう。 

【摂るべき食】

(1)レンコン

ぜんそくの改善に効果があります。痰を切り炎症を抑えるのに優れていますが、寒性なので、冷え症の方にはおすすめできません。しかし現代人は夜更かしや氷、冷たいものの摂り過ぎによって陰虚(芯は冷えているのに外に火照りがあって皮膚炎などになる)の人が多く、この陰虚をとるのに向いています。老化防止効果もあり、血液の浄化や解毒や利尿、腫物改善をします。 

(2)ぶどう

みずみずしく肌の潤いを保ち、補血作用があり、慢性胃炎や下痢、貧血にもよく、安胎食材でもあるので、妊婦にはぶどうを勧めましょう。平性(東洋医学で温熱性、寒涼性のどちらにも当てはまらないこと)なので暑がり、寒がりどの体質の人が常食しても健康になります。 

 

「冬は老化と関係した季節です。老化防止にはまずゆっくりと休み、疲れを溜めこまないこと、また積極的に滋養強壮の食材を摂りましょう。太陽の動きに合わせ、朝はゆっくり起きて、夜は早寝します。早寝遅起きが重要なポイントです」と村上さん。 

冷え対策を始め、体温を高めて本格的な冬を迎える準備をしましょう。

 

【関連記事】

※ デスクでランチはNG!結局太る「消化に悪い」食事の仕方5パターン

※ 薬剤師が警告!年を取るごとに「病気・ストレスを招く人」悪習慣3つ

※ まだコーヒー派?「朝に紅茶を飲む」と3つのイイことがあるらしい

新事実!炭水化物抜きより「アレを抜いた方が痩せる」…米実験で判明

※ ムダな脂肪を寄せ付けない!「バレエストレッチ」が女性にイイ訳3つ

 

【姉妹サイト】

※ パスタやラーメンの代わりに!お米麺「フォー」は最強減量食だった

※ 仕事がはかどらない原因!? 毎日「キチンとした服装」をすべき納得の理由

 

【参考】

村上百代(2015)『二十四節気に合わせ心と体を美しく整える 医者にも薬にも頼らない和の暮らし』(ダイヤモンド社)