ヤバッ…あのパンツもダサ認定!「今年は下火なお洋服」ちょいイタ5例

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近増えているアウトレットやオンラインセール。手軽で便利ですが、つい安さに手が伸びて「数シーズン前のアイテムを買ってしまった……」なんてことありませんか。注意したいのはトレンドアイテムの場合、“賞味期限が短い”ということ、です。

秋冬に何を着るかを考えるのが楽しい時期。今回は去年着ている人が多かったけれど、今年はNGなトレンドファッションをお届けします。

 

■1:スウェットパンツ 

膝下丈のスウェットパンツにブーティというコーデ、リラックス&スポーティムードが漂って、たくさん見かけましたが今年の秋はほとんど見かけなくなりました。もちろん、ご近所着や本当にスポーツウエアならOKです。

 

■2:柄物スリムパンツ

レギンスやデギンスなどスリムパンツは履きやすくスタイルがよく見えるように進化していますが、花柄や派手な柄は下火に。スリムパンツを履きたいならトラッド風のチェック柄を選んでみては?

 

■3:ストライプ

太いストライプ柄のペンシルスカートやフレアスカートも、あまり今年らしいアイテムではありません。同じようにボーダーのペンシルスカートも昨秋のトレンドアイテムだったので、買い足さないほうがよいアイテムかも……。

 

■4:レースワンピ

数年来、春夏は白、秋冬は紺や黒のレースワンピが一大トレンドでしたが、レースを全身で取り入れるのはアウトな傾向。セットアップであればボトムのスカートだけ履いたり、ミニタリーなどカジュアルアイテムと組み合わせて今っぽさをプラスしましょう。

 

■5:ヘプラムコーデ

ウエストラインにフレアなフリルが付いたヘプラムコーデ。秋冬ものにはワンピースやセットアップも多く出て、一人一枚は持っているアイテムかもしれませんが、今年らしく着るには難しいアイテム。ヘプラムではなく、ショートトップスにフレアスカートでフェミニンスタイルを作ってみて。

 

お値打ちで買っても、“ちょい古”アイテムだともったいないですよね。ネットやセールで買うことが多い方もうっかりがないようお気を付けくださいね。

 

【関連記事】

※ 米・ファッションのカリスマ直伝!「大人な女の10アイテム」【前編】

米・ファッションのカリスマ直伝!「大人な女の10アイテム」【後編】

※ 3分でイイ女!進化系くるりんぱ「ギブソンタック」の作り方

大人のラク可愛い代表!スニーカーで「こなれ足元」を作る4原則

※ 買うべき色・丈が分かる!失敗しない「大人のコーディガン」ポイント5つ

 

【姉妹サイト】

※ 国分太一も選んだ!男がお嫁さんにしたくなる「人間力女子」って何

※ エッ失敗したのに!? 「叱られシーンをチャンスに変える」魔法の聴き方テク