煮物だけじゃない!「かぼちゃ」をもっと美味しく健康に食べるコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋~冬に旬を迎える緑黄色野菜“かぼちゃ”。甘みとホクホク感がたまりませんよね。そのうえ、免疫力UPや美肌作り、体を温める作用に期待できる素晴らしいパワーをもつ野菜だとわかったら、食べずにはいられません。

ですが、いくら美味しくても、毎回同じ食べ方をしていたら、飽きてしまいますよね。

そこで今回は、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、“美味しく健康になれるかぼちゃの食べ方”をご紹介したいと思います。

 

■1:アレンジ可能な“ペースト”を作る

かぼちゃのペーストは、コロッケやサラダ、ポタージュ、スイーツなど、さまざまな料理にアレンジをすることができます。作り方は、下記のとおり。

【材料】(2人分)

・かぼちゃ・・・1/2個

・水・・・250ml

【作り方】

(1)かぼちゃを大きめに切ったら、水と一緒に鍋に入れ、蓋をして中火で15分間煮る。

(2)かぼちゃに火が通ったら蓋を取り、強火で水分を飛ばす。

(3)温かいうちにかぼちゃをつぶし、ペースト状にする。

(4)密閉容器やジッパー付きビニール袋に入れて、冷凍庫で保存をする。

完成したかぼちゃのペーストは、3日ほどで食べ切りましょう。

 

■2:お悩み別に食べ合わせを工夫する

(1)免疫力UP・・・かぼちゃ:ビタミンC・E+ 豚肉:タンパク質

(2)ストレス緩和・・・かぼちゃ:ビタミンC+チーズ:カルシウム

(3)動脈硬化の予防・・・かぼちゃ:βカロテン+あずき:ビタミンB1

 

いかがでしたか? 「かぼちゃ料理といったら、毎回煮物になってしまう」というみなさん、献立に迷ったときの参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

秋も「緑の野菜」がアツイ!胃腸・自律神経の働きを整える旬ベジ3選

※ 解凍後の●●はまるでお肉!「実は冷凍保存できる」意外食材3つ

料理下手さんでも激ウマに!「炊飯器で作るキッシュ」簡単レシピ

まさか枝豆&●●も!栄養素を台無しにする「NG食べ合わせ」3つ

※ 424回混ぜると悶絶の旨さ!究極「納豆の食べ方4箇条」やってみました

 

【姉妹サイト】

※ キャリアも大事だけど!10年後「同期と差がつく」働き女子のアノ習慣

※ 塗るだけで痩せる!? おいしさUPだけじゃない「肉に塩麹」のすごい力

 

【画像】

※ JIANG HONGYAN / Shutterstock