アロマ効果に海外も注目!リラックス&美白「ゆず」の超絶パワーとは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グレープフルーツの香りはダイエットに良い、レモンは気分転換に良い、などフルーツの香りには様々な効果があると言われています。中でもいま、注目を浴びているのは、日本ではおなじみの、ゆず。この香りが現代人の大敵であるストレスに効果があると言われているんです。

しかも、ゆずがすごいのは香りだけでなく、美白効果や美肌効果があること! 今回は、そんなゆずの魅力にとことん迫ります。

 

■ゆずを10分嗅ぐとストレスが減少!

『Journal of Alternative and Complementary Medicine』の研究によると、20人の女性が、10分間ゆずの香りを嗅いだところ、精神的ストレスの指標といわれる唾液中のクロモグラニンAの濃度が30分間減少したとのこと。さらに感情や気分の状態を指標するPOMS(感情プロフィール検査)についても、気分障害や不安、緊張、憂うつ、怒りなどのネガティブな感情について軽減されたといいます。

そのため、ゆずの香りには交感神経の活動を抑制するアロマ効果がある、と伝えられています。

 

■メラニン抑制で美白効果も!

また、ストレスだけでなく、ゆずの種子オイルには女性に嬉しい美白効果があるとも。高知大学と馬路村農業協同組合(高知県馬路村)の研究では、男女20人にゆずの種子オイルを毎日0.5ミリリットルずつ、4週間に渡って塗布し、4週間後に肌のメラニン量を測定機で計ったところ、2割程度低下したと報道されています。

その理由は、メラニンを合成する酵素の一つで、チロシナーゼの活性化を防ぐ効果がゆずの種子オイルには含まれているから。ゆずの種子オイルを塗布することで、チロシナーゼの活性度が半減したとも伝えられています。

 

■ゆず湯なら血行促進&全身美肌効果!

ゆず、といえば日本では昔からゆずをそのまま入れたり、ゆずの皮を入れるゆず湯が有名ですよね。もともとは体を清める禊ぎとして始まったというゆず湯。皮に含まれる成分が血液循環を促し、さらに肌をしっとりとさせる美肌効果も期待できることから、ぜひ普段のケアに積極的に取り入れたいところ。

ただ、レモンのように柑橘系は肌に直接つけるとしみて荒れてしまう場合もあるので、肌が敏感な方はまずゆずの皮を熱湯で蒸してから入れたり、量を1~2個と少なめにしてから始めてみましょう。

 

■ゆず茶で体を温め、疲労回復!

お隣の韓国では、ゆずといえば、薄切りにしたゆずや皮を蜂蜜、砂糖につけ、ジャム状にしたゆず茶が一般的。ゆずに含まれるビタミンCやミネラル、鉄分のおかげで風邪の予防や疲労回復、さらに美肌効果も期待できると言われています。

 

様々な場面でゆずを取り入れ、美しく、ストレスフリーな生活を送ってみてはいかがですか?

 

【関連記事】

「食べない」ダイエット卒業!食べる程キレイになる噂のフルーツ2選

迷ったらコレ!小腹を満たして栄養補う「ドライフルーツ」3選

ド定番ドライフルーツ!栄養ギュギュッの「レーズン」活用レシピ 

※ やっぱり最強美容食材!「さつまいも」の超絶パワーにヤラレタッ

※ 通勤バッグでキュキュッと「くびれ」作り!ウエスト引き締めエクサ

 

【姉妹サイト】

※ 働き女子の味方!秋の夜長に飲んでもつけてもイケる「日本酒」の魅力

※ 北斗晶は痛みと乳頭の向きの異変!今すぐ確かめたい乳がんサイン

 

【参考】

※ Effects of Olfactory Stimulation from the Fragrance of the Japanese Citrus Fruit Yuzu (Citrus junos Sieb. ex Tanaka) on Mood States and Salivary Chromogranin A as an Endocrinologic Stress Marker – Journal of Alternative and Complementary Medicine

ユズ種子の油に美白効果、メラニン生成抑制 高知大と馬路村農協 – 日本経済新聞

 

【写真】

※ Laitr Keiows / Shutterstock