歯ブラシにアイクリーム!「ぷるっぷる唇を作る」米国美女の最強テク3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンジェリーナ・ジョリーをはじめ、ミーガン・フォックスやキム・カーダシアン、最近ではカイリー・ジェンナーなど、米国では年代問わず女性に人気なぽってり唇。

リップライナーなどメイクで作るのはもちろんですが、リップケアもぽってり唇には欠かせません。そこで今回は、米国女性がふっくらした魅力的な唇を作るためにしているケアをご紹介します。

 

■1:角質オフは歯ブラシで!

ぷるぷるの唇になるためには、こまめに古い角質をオフすることも重要。米国女性の定番は、リップクリームなどでたっぷり保湿した唇に、歯ブラシで優しくマッサージをする方法。左右、上下何度か繰り返し、完全に古い角質が取れたら、ティッシュオフしてもう一度保湿をしましょう。

エマ・ワトソンやシェイ・ミッチェルなどセレブも行っており、撮影現場でもおなじみのテクです。

 

■2:スペシャルケアはアンチエイジング用クリーム!

リップ用のクリームだけでなく、実はアイクリームが使えるといま話題。ビューティ専門サイト『BYRDIE』に語った『コーダリー』の設立者Mathilde Thomas氏によると「周りの皮膚が薄いという構造が目と唇は似ている」とのこと。

また「アイクリームは薄く、敏感な部分に成分を届けるように考案されている」ことから、リップにもピッタリなのだとか。

そのため目元のシワを薄くし、ふっくらさせるアイクリームなら、唇も同様にシワを薄くし、ふっくらさせてくれる効果があるよう。

 

■3:紫外線対策は当たり前!

顔はきちんとUVケアをしても、意外に忘れがちなのが唇の紫外線対策。アメリカのぽってり唇代表キム・カーダシアンはもちろん、SPFやPA表記のあるリップクリームやリップアイテムを使ってUV対策を怠りません。

また、ファンデーションやコンシーラーをまず塗ってからリップカラーを塗る手もアリ。しかしファンデやコンシーラーを塗ると乾燥しがちになるので、きちんと保湿してから行いましょう。

 

毎日のちょっとしたケアと手間で、有名人のようなふっくら、魅力的な唇を手に入れちゃいましょう!

 

【関連記事】

メイク前2分で…ぷるっぷる!「完璧血色リップ」のための唇エクサ

怖っ…「リップグロス」で悲惨なたらこ唇に!? 「要注意物質」2つ

縦ジワは要注意!「唇の老化」がみるみる加速する…悪習慣5つ

※ 3つのポイントで!誰でも「失敗しないアイライン」が引けるテク

※ 楽チンすぎて…ゴメン!寝ているだけで「翌朝キレイになるテク」一覧

 

【姉妹サイト】

※ 専業主婦希望は14%…「世帯年収1,000万円」を目指し共働きを選択?

※ だらしないよりも許せないっ!「夫に抱く妻の不満」ワースト1位とは

 

【参考】

The Secret Lip Plumper You Haven’t Considered – BYRDIE