下地にも○○!?乾燥の季節を乗り切るうる肌キープ術3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い夏も終わり、メイクをしていても乾燥が気になる時期になってきました。どんどん強まる乾燥の季節に向けて、うるおい肌をキープできるかどうかは実はこの時期にかかっているんです。

夏の日差しとエアコンによるダメージで、表面は潤っていると思っていても、お肌の内部は乾燥している秋のお肌。そこで今回は冬の乾燥に負けない、うるおいのあるお肌を基礎から作るポイントをご紹介します。

 

■乾燥の季節のスキンケアのポイントは

(1)洗顔

夏の紫外線でダメージを受けた肌のターンオーバーを促し、古い角質を取り除くことが重要なポイント。正しいターンオーバーのためには正しい洗顔を行うことが不可欠です。

正しい洗顔のポイントは、熱いお湯で洗わないこと。36~38℃程度のぬるま湯で洗いましょう。

(2)水分補給

お肌にたっぷりと水分を与えてあげることは乾燥ケアの基本中の基本ですが、この時期は普段よりも保湿性の高いスキンケアを使わないとお肌はどんどん乾燥してしまいます。ホットタオルをあてて温めると、お肌も潤いやすいです。

(3)保湿

水分を補給するだけでは、乾燥した冬の気候に、どんどん水分が奪われていってしまいます。水分補給をしたらしっかりと保湿することが重要です。そこで一番のポイントとなるのは油分をしっかりと肌に与えてあげること! 油分を肌に与えるで、肌の表面がコーティングされ、乾燥から肌を守ってくれます。

どれも基本中の基本ですが、おろそかにしてしまっている方も多いのではないでしょうか? 特に洗顔、水分補給のポイントはきちんとケアしている方が多いと思いますが保湿に関してはおろそかにしてしまいがち。

でもしっかりとお肌を保湿するには、水分を与えるだけではなく、油分で潤いを閉じこめてあげることがとても重要。油分の不足したお肌は、いくら頑張って洗顔しても、お肌にたっぷり水分を与えていても、潤いをキープすることができないのです。

お肌には水分と油分が重要なのですから、日中メイクをしている間も水分と油分のケアが出来たら最高ですよね? そこで、メイク下地で“オイル美容”できちゃうアイテムをご紹介します!

 

下地にもオイル美容を取り入れれば最強の乾燥対策に!

エスプリークのオイル美容液下地は高浸透トリートメントオイルが入っているので、メイクをしつつもオイル美容ができちゃう画期的な商品なのです!

オイル美容液が肌に浸透しているかのような新感覚タッチ。そのため保湿美容液特有のべたつき感もほとんどありません。また高浸透トリートメントオイルを配合してあるため、角質のすみずみまでうるおいが浸透します。水をかかえてなじむ性質により、肌のキメを内側からふっくらさせてくれるので、メイク中もうるおいが持続します。

気になるカバー力も抜かりなし! スーパーフラットパウダーEXという粉体が毛穴の大きさに合わせてお肌をカバーしてくれるので、つるんと毛穴レスな肌に仕上がります。

 

これからの季節、毎日のスキンケアの時だけでなく、下地にもオイル美容を取り入れて、乾燥とは無縁の肌を手軽に手に入れて見ませんか?

 

【参考】

※ エスプリーク オイル美容液下地

Sponsored by 株式会社コーセー