誰にもバレずにダイエットを続行する5つのポイント【BBQ編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏と言えばBBQ! しかしBBQといえばメインはお肉。カロリーも気になりますよね。そこで、「ダイエット中とはいえ、仲間と一緒にBBQを楽しみたい!」という方にオススメの、誰にもバレずにダイエットを続行する方法をご紹介します!

 

■ポイント1:まずは野菜から食べる

いきなり肉に飛びつかないで、まずは野菜から食べましょう。BBQの野菜と言えば、パプリカや玉ネギがメジャーですが、『焼きトマト』がオススメ! トマトをを最初に食べることで、血糖値の上昇を抑えてくれ、太りにくくなります。生トマトが焼きづらかったら、ミニトマトをハムで巻いて串に刺せば、見た目も可愛くて一石二鳥!

 

■ポイント2:肉は牛肉より、鶏肉を選ぶ

BBQといえば豪快な牛肉を想像しがちですが、鶏肉も美味しくてオススメ。さらにカロリーは部位によっても異なりますが牛肉のおよそ半分ほど。

例)

牛肩ロース、脂身つき・・・411kcal(100g)

若鶏もも肉、皮付き・・・200kcal(100g)

皮をはげば、さらにカロリーが半減すると言われていますが、鶏皮にはコラーゲンがたっぷり含まれているので、美容のためには食べたほうがよさそうですね!

 

■ポイント3:タレではなく塩コショウで味付ける

焼き肉のタレは大さじ1杯で約35kcal。ひとつ食べるごとにタレをたっぷりかけていては、それだけでカロリーがどんどんかさむことに……。焼きたての食材はそれだけで十分美味しいので、タレではなく塩コショウ、もしくはポン酢などでさっぱり食べるのがオススメです。

 

■ポイント4:ホイル焼きメニューを充実させる

BBQの醍醐味のひとつ、『ホイル焼き』。お肉を焼いている横でホイル焼きメニューを充実させれば、低カロリーでたくさんの種類の野菜を食べることが出来ます。オススメは脂肪燃焼を促す山芋を使用した『山芋+ポン酢』や、カロリーがほとんど無く、食物繊維も豊富なキノコを使った『キノコの白ワイン蒸し』など。

 

■ポイント5:ビールにレモンを入れる

BBQではついついビールも進みがち。そんなときは、BBQで使用したレモンを少し拝借して、ビールに絞り入れます。レモンに含まれるクエン酸がビールや食べ物の分解を促進し、基礎代謝UP&脂肪燃焼効果を高めます。

 

これなら、誰にも気づかれずにBBQを楽しめそうですね! BBQに限らず、様々なシーンで是非活用してくださいませ。