あ~ぁ悲劇!すっぴんの汚さに愕然…「色素沈着を招く」NG行動4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝の日差しの中で自分のすっぴん肌を見たとき、色素沈着している肌にガックリしたことはありませんか? 

色素沈着は、シミやくすみの原因になるので、できるだけ早めにケアしたいもの。しかも、その色素沈着を招いてしまった原因は、普段のあなたの行動が原因の可能性も……。

そこで今回は、シミやくすみ、“色素沈着を招くNG行動”をご紹介します。

 

■1:コットンでパッティングしている

色素沈着の原因は“摩擦”です。化粧水をコットンに浸して叩いたり滑らせたりして浸透させるよりは、手にのせて優しく包み込むようにハンドプレスしながら浸透させましょう。

 

■2:W洗顔している

洗顔の行為も、お肌に摩擦ダメージを与えてしまいます。W洗顔が必要なオイルクレンジングを使うよりも、クリームタイプのメイク落としを使って、洗顔は1度に済ませるようにしましょう。

 

■3:カミソリを使っている

顔のうぶ毛を除毛する際、カミソリを使ってはいませんか? 顔全体がくすんできたり、鼻下が黒ずんでくるのは、カミソリの摩擦によってメラニン色素が発生し、色素沈着を起こしている恐れがあります。

 

■4:保湿が足りていない

たっぷり保湿をすると枕に美容液やクリームがついてしまって、少し抵抗があると思う方もいらっしゃるかもしれません。でも、色素沈着を防ぐためには季節に関係なく常日頃、しっかりとした保湿が大切です。たっぷりと潤すように心がけましょう。

 

エステや高い美容液に頼らなくても、日ごろからシミやくすみを防ぐことができます。どれも今日から始められることなので、ぜひ上記のことを心がけてすっぴん美人を目指してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 朝のオレンジもNG!漢方のプロが伝授「食べた人からシミ定着」3食材

※ えっ…コンシーラー要らず?プロが現場で使う「シミ・毛穴の消し方」

※ 肌悩み1位は…シミより毛穴!本気で「綾瀬はるか肌」になる4ステップ

※ 秋冬は篠原涼子メイクが本命!「脱オフェロ女子」 が守るべき4項目

※ 肌老化の根源の一つは乾燥!お肌ケアの優秀成分は●●だった

 

【姉妹サイト】

※ 自信持って! NYの働き女子より優れている「日本女子のスキル」が判明

※ とっとと次探そ!あなたを絶対「本命彼女にしない男」の特徴6つ

 

【画像】

※ Vladimir Gjorgiev / Shutterstock