現実は甘くない!? 現代のプロポーズ事情に女性は愕然?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにとって、理想のプロポーズはどういうものですか? 一生のうち、そう何回もあるものではない、プロポーズだからこそ、女性なら特に理想像がそれぞれあるのではないでしょうか。しかし、現実はそう甘くはなかった!?  プリモ・ジャパンが行った『プロポーズの実態調査』で、理想と現実には大きなギャップが浮き彫りになりました。

プロポーズの場所、時間、指輪はあったのか、プロポーズまでの交際期間など、気になる現代のプロポーズ事情を一気に公開します!

 

■プロポーズの場所

プロポーズは、お洒落なレストランで……と、シュチュエーションもとても大事ですよね! しかし、プロポーズをした場所を聞いた調査では、4割もの人が「自宅」と回答。計画的というより、自然の流れで言った人も多いのかもしれないですね。

 

■プロポーズする時間

こちらは、67%が18時から22時の間という回答でした。“美味しい食事を食べてまったりしながら……”という状況は、プロポーズされるチャンスなのです。“もしかしたら、そろそろプロポーズされるかも?”という方は手料理にも手が抜けないですね!

 

■プロポーズの瞬間、指輪をもらった?

特に理想と現実が大きくズレているのが、この“指輪”の有無なのです。もらいたいと回答した未婚女性は61.9%と大多数の一方で、実際に婚約指輪をもらった既婚女性は19%と少数なのです。男性心理としては、「実際にOKをもらっていないのに高額の指輪を買うのは、ちょっと……」という不安の気持ちもあるのでしょうか。

 

■プロポーズまでの交際期間

こちらは、1位が1年以内という比較的ホヤホヤのカップルでした。一方で女性からプロポーズをした『逆プロポーズ』においては、1位は2年以上という結果に。2年以上経ってもプロポーズをなかなかしてくれない男性に痺れを切らして、逆プロポーズをする、という女性が多いようです。

 

■逆プロポーズ

女性からプロポーズをしたカップルは、10.8%という結果ですが、逆プロポーズをする(される)ことについて、特に問題ないと回答した既婚男女は65.3%にもなり、今後さらに増加するかもしれませんね。

 

理想とは違うものかもしれませんが、やはり一大決心をすることになるプロポーズには、カップルによって、さまざまなストーリーがあるようです。「なかなか彼がプロポーズをしてこない」という方には勇気を出して、逆プロポーズもしちゃうのもいいかもしれませんね!

 

【参考】

※ プリモ・ジャパン株式会社 「第4回プロポーズに関する実態調査 プロポーズの理想と現実が明らかに。プロポーズの瞬間に婚約指輪をもらった既婚女性19%、ほしい未婚女性61.2%」