アイロンなしでOK!シャツやパンツの「仕上がりピシッ」神ワザ的洗濯術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんだかいつも小ぎれいにしている男子や女子っていますよね? ベーシックなものを着ているだけなのに清潔感がハンパない。この秘密は、実はアイロンなんです。

「えっ、でもめんどくさーい」と思っているあなたへ、今回はファッションライターでもある筆者が、アイロンをかけずともシャツのラインがピシッと整うコツを伝授します。

 

■シャツの洗濯……気をつけるべきはボタン・脱水時間・ハンガー

(1)形態安定加工シャツを選ぶ

毎日のように着るシャツは、アイロンの手間を省くために形態安定加工を選びましょう。洗濯機へ入れる前に、塗るタイプの洗剤を襟や袖口につけます。汚れがひどい場合は、ブラシでこするなどしてください。

(2)洗濯機に入れる前にボタンを上まで留める

シャツのボタンを全部留めるのが型崩れを抑えるキーポイント。洗濯ネットの大きさに合わせてシャツを畳み、ネットのなかへ入れれば尚よしですが、ズボラな筆者はシャツのボタンを留めたらそのまま洗濯機へ入れちゃいます。

(3)脱水時間は1分

形態安定加工シャツの素材にはポリエステルと綿の混合から、綿100%まで様々な素材があります。筆者はアバウト主婦なので、全タイプのシャツに対して脱水時間を1分にしています。

ご心配な方は脱水時間を完全に省いたり、15秒ほどにしておくのもお勧め。形態安定加工のシャツは“水の重みでシワが伸びる”ように製造されているので、濡れたまま干すのが一番なのです。

(4)ハンガーにかけて吊り干し

ここで気をつけたいのは、やや厚みのあるハンガーを使うことです。クリーニング店でもらう針金ハンガーにすると、シャツにハンガーの跡がついてしまうのでご注意を。

 

■アイロン要らずなパンツの干し方……吊り方を工夫する!

筆者は洗濯表示をみて、手洗いOKの表示のパンツは押し洗いします。必ず表示で確認して下さいね。

(1)脱水をせず、濡れ干しにします。

(2)写真のように、ズボンの股の付け根からすそまでピーンときれいなラインがでるように引っ張ります。

(3)股からすそまでのピーンが崩れないように、両足のすそをあわせます。

(4)写真のようにすそを合わせたまま洗濯ばさみを留め、すそを上にして吊るします。シャツと同じく水の重みでシワが伸びる原理です。

 

アイロン要らずのシャツとパンツの洗濯方法、いかがでしたか? 自宅でアイロンをかけるのは手間だけどクリーニングに出すのはどうも……と悩んでいる方、ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

OVER35が着ると大ヤケドっ!「イタババ認定される」NGコーデ4選

洗濯で悩む…今季流行「リネンシャツ」を長持ちさせるお手入れ法

※ ご用心!続けてると「黄ばみに知覚過敏」が加速するNGデンタルケア

えっ…コンシーラー要らず?プロが現場で使う「シミ・毛穴の消し方」

ガーン…太るより●●が嫌!「結婚後の妻にがっかりしたこと」TOP5

 

【姉妹サイト】

※ その疲れは残暑のせい?それとも…女性の8割が感じる「慢性疲労」の実態

※ 意外!「男がドン引きする女性の趣味」1位は真鍋かをりも好きな…

 

【画像】

※ by © Rusakov / 123RF.com