【女の虎の巻】妙にソソる「メガネ美女」に!顔型別選び方からメイクまで

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かけるだけで、オシャレ度をグーンと上げてくれるファッションアイテム“メガネ”。ひとつは持っておきたいですよね。ですが、自分の顔に似合う形選びや、メガネを生かすメイクができていなければ台無しに……。

そこで今回は、メガネの選び方から着用時のメイク法まで、メガネ美女になるコツについて話していきたいと思います。

 

■1:顔型別・メガネ選びのコツ

まずは、メガネ選びのコツ。「もう迷わない!顔型別“自分史上1番似合うメガネ”プロ指南の選び方」を参考に、メガネ選びをしてみてください。

(1)丸顔の方・・・鼻あて部分にしっかりとした高さがあるもの。

(2)面長の方・・・フレームの縦幅がほほ骨あたりまであるもの。

(3)卵型の方・・・丸みのあるウェリントンやボストン、シャープなスクエア。どのようなタイプのメガネも似合う。

(4)ベース型の方・・・どのようなタイプのメガネも似合う。エラの部分が気になるようなら、ダウンヘアや無造作ヘアにするなど、ヘアスタイルに一工夫するとなお良い。

(5)逆三角の方・・・フレームが小さめの丸メガネがオススメ。

 

■2:メガネ着用時のメイクのコツ

続いては、メガネ着用時のメイクの方法。「男ウケ上昇中のメガネ女子の極み“メガネ美人”になるメイク裏ワザ」では、メイクプロセスをお伝えしています。

(1)アイブロウ・・・パウダーを使って薄めに仕上げる。

(2)アイライン・・・いつもよりやや細めに。目頭からしっかりアイラインを入れて、視線を内側に向かせる。

(3)アイシャドウ・・・アイシャドウの粉がレンズに落ちるのが気になる方は、クリームタイプのものを使うと良い。

(4)マスカラ・・・ビューラーでまつげをしっかり上げたら、1本1本がキレイな扇型に広がるボリュームタイプのマスカラを使う。

(5)チーク・・・鼻先から頬骨に向かって、メガネの下のラインと平行になるように入れる。

(6)リップ・・・フチありメガネは目元のインパクトを強くするので、リップメイクはナチュラルに。

(7)ハイライト・・・目の周りを囲うように、コの字型に明るい色のハイライトを入れる。

 

■3:メガネを使ったモテテク

最後は、「モテ女子は自然とやっている!男性がドキッとするメガネの使い方」から、メガネを使ったモテテクを紹介します。

(1)普段メガネをかけていない・・・意中の男性と2人きりになったときにさりげなくバッグから取り出してかけると、ギャップを感じてもらえるかも。残業で人が少なくなったオフィスで、おもむろにメガネをかけてみては?

(2)普段メガネをかけている・・・簡単にメガネをはずさず、メガネをかけていない顔をシークレットなものにしておきましょう。ここぞというときにメガネをはずすのがオススメ。

 

いかがでしたか? 「これからメガネに挑戦する」「メガネ姿がキマらない」という方は、是非参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

大人モテは…断然フォックス!「メガネとファッション」相性3テク

※ 即効パッチリ目!「くるりんまつげ」を作るビューラーテク

※ そのケア大丈夫?充血に潰瘍も…「危ないカラコン使用例」4つ

 

【姉妹サイト】

※ 納得の1位!「仕事と子育ての両立が上手そう」2位木村佳乃、トップは

※ 足りないのはコレ?「クレイジーでなければ仕事で成功しない」理由3つ

 

【画像】

※ Matusciac Alexandru / Shutterstock