ギャーッ!メイクも体調も最悪…「1日を台無しにする朝習慣」4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝、通勤準備のためにバタバタと過ごす方は多いですよね。なかには、「起きてから30分で家を出る」なんて強者も……。

ですが、これでは、「ダッシュしすぎて会社に着くころにはメイクが崩れている」「便秘でお腹がパンパン」なんてことにもなりかねません。

そこで今回は、さまざまな不調の原因となる“朝のNG習慣”について、お話していきたいと思います。

 

■1:スキンケアのあと、すぐにメイクをする

スキンケアが肌に浸透する前にメイクをすると、崩れ・テカりの原因になります。スキンケアを済ませたら、10~15分は時間をおき、それからメイクをするようにしましょう。

その間に、着替えをしたり、朝食を食べたり、便活をしたりするなど、時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。

 

■2:甘いものを食べる

「朝だから、甘いものを食べてもOK」だと思っている方は多いのですが、起床後の空腹時に、スイーツや菓子パンといった甘いものを食べるのは、オススメできません。それは、血糖値が急上昇してしまうから。その結果、血糖値を下げるためにインスリンが大量に放出されて、内臓脂肪がつきやすくなってしまうのです。

野菜から順番に朝食を摂る、時間がない方は、砂糖不使用の野菜ジュースを飲むなどして、血糖値の上昇を緩やかにしましょう。

 

■3:トイレは後回しにする

「便意を感じていないから」「時間がないから」と、トイレを後回しにしていると、タイミングを逃して便秘がちになってしまいます。

いつもよりほんの少し早起きをして、コップ1杯の水を飲む、お腹を温める・マッサージする、体をひねる、足を開いたままスクワットをするなどの“便活”をし、トイレに行く習慣をつけましょう。スッキリとした気分で一日を過ごせるようになりますよ。

 

■4:髪を乾かさずに出かける

朝シャン後、髪を十分に乾かさないという方は、ニオイに要注意。髪が濡れたままだと、頭皮にいる常在菌が増殖し、嫌なニオイの原因になります。

髪は、しっかりと乾かしてから出かけましょう。

 

以上、朝のNG習慣についてお伝えしました。いつもバタバタしてしまうという方は、10分早く起きることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

えっ…朝食は摂らないほうがイイ?医師が「朝だけ断食」を勧める理由

1ヶ月で-5kg減も!スルスル体重降下「痩せ子のスゴ技朝食」3つ

朝からダルッ!「寝ても疲れが取れない人」がしてる4つのNG習慣

ウン快腸!出勤前にスッキリ出したい人の「朝のながら便活」5つ

※ 1日10秒!深呼吸で「猫背を改善する」簡単な方法

 

【姉妹サイト】

※ SNS中毒女子が増加中?31%が「スマホに500枚以上」写真を保存と判明

※ あの同僚も実は!? 派遣社員が職場に感じている「複雑なホンネ」とは

 

【画像】

※ Dmitry Melnikov / Shutterstock