サクッとモチッと「進化系クロワッサン5種」いくつ知ってる?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クロワッサンとドーナツを組み合わせた“クロナッツ”が、ニューヨークから日本にやってきたのが数年前のこと。あれからスイーツ界はさらに進化。昨今では、スコーンやベーグル、マフィンといった定番スイーツがクロワッサンと掛け合わさり、新しいメニューが続々と誕生しているんです。

パリパリっとした食感が魅力のクロワッサンをベースにした、そんな噂の“ハイブリッドスイーツ”の中から厳選の5メニューをご紹介しましょう。

 

1:クロワッサン×スコーン

スコーンというと、しっとりした口あたりと重量感もあるスイーツで、クロワッサンとはかなり食感も違います。そんな異なる2つの味わいを一品で楽しめてしまうのが“クロワッサンスコーン”。

パリ生まれのスイーツブランド『フォション』で提供しているクロワッサンスコーンは、スイーツの上の方はクロワッサンのようなさっくり感があり、下の方でスコーンのようなしっとり感を味わえるそう。

ほかに、女性に人気のカフェ『アフタヌーンティー・ティースタンド』でもクロワッサンスコーンが登場しています。

 

2:クロワッサン×たい焼き

通常のたい焼きの生地を使わず、クロワッサン生地であんを包んだのが“クロワッサンたい焼き”。外側のサクサクッとした生地が病みつきになる食感です。たこ焼きの大手チェーン『築地銀だこ』でも販売していることもあり、クロワッサンたい焼きの認知度は上昇中。

 

3:クロワッサン×ラスク

ラスクといえばフランスパンや食パンを使ったものが主流ですが、かわいい三日月型のクロワッサンをそのままラスクにしてしまったのが“クロワッサンラスク”。何重にも重なったクロワッサンの層に隙間があるため、ラスクになっても固くなりすぎず、軽い味わい。

銀座三越内に店舗を持つ『CAFE OHZAN』のクロワッサンラスクは、チョコレートなどで外側がコーティングされていて、手土産にも買っていきたいキュートさです。

 

4:クロワッサン×ベーグル

米ニューヨークで既に存在しているのが、クロワッサンとベーグルを掛け合わせた“クレーグル”。表面はクロワッサンのような軽い口あたりだけれど、中はベーグルのようなしっとりとしてモチモチとした感触も楽しめます。

大手コンビニエンスストア『ローソン』でもクロワッサンベーグルをこの夏から販売開始しています。

 

5:クロワッサン×マフィン

日本におけるクロワッサンドーナツブームの火付け役にもなった専門店『アンジェリークNY』が、新商品として発表したのがクロワッサン生地にマフィン生地を巻き込んだ“クロワッサンマフィン”。層になったクロワッサン生地としっとりのマフィン生地の両方を一度に味わえて、トッピングやデコレーションされた見た目もキュートです。

 

美容と健康のことを考えると食べ過ぎは禁物ですが、ちょっとしたご褒美に食べるのならこんな話題のハイブリッドスイーツはいかがですか?

 

 

【関連記事】

※ スマホとパンケーキは…危険度大!?「老け顔まっしぐら」NG行動3種

※ 新事実!炭水化物抜きより「アレを抜いた方が痩せる」…米実験で判明

※ 食べなきゃ大損! 脂肪ボーボー燃えまくり「痩せ子の定番朝食」4選

※ ローラがお手本!夢の「痩せ体質」になる自律神経の整え方

※ 女だって牛丼食べたい!ガッツリでも「カロリー許容範囲」コツ5箇条

 

【姉妹サイト】

※ これぞ夫婦円満の秘訣!? 既婚男性のなんと7割が「お料理男子」と判明

※ 80%の女性が実感!自分でするほど「仕事がうまくいく」習慣が判明

 

【参考】

クロワッサンたい焼き – 築地銀だこ

クロワッサンスコーン – Afternoon Tea

CAFE OHZAN

クロワッサンベーグル販売 – ローソン

※ 超最新!ハイブリッドスイーツ「クロワッサンマフィン」 新登場 – 株式会社アンジェリーク東京