メイクで「黄ばんだ歯を白く見せる」!知らなきゃ損な裏技2つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の歯の色って気になりますよね。以前ご紹介した記事、「【体験してみた】痛みはある!? “レーザーホワイトニング”」では、歯の美白について筆者のレーザーホワイトニング体験をお話しましたが、実際に歯をホワイトニングしないでも“白く見せる”メイクのトリックがあるんです。

今回は、美容ライターの筆者がその方法を2つご紹介します。

 

■1:顔をワントーン暗くして健康的な肌に!

白を目立たせるのには黒をもってくるのが一番! 顔が真っ白いと歯の白さが引き立ちません。ちょうど夏が終わり、少し日焼けをしているかもしれませんよね。ここでもう一度、ご自分のファンデーションの色を見直しましょう。

いつもよりワントーン暗いファンデーションを首につけて見て下さい。違和感がなければそのファンデを顔にも使ってみて。もし不自然な場合はシェーディングとして使いましょう。顔が立体的に見えるので一石二鳥。

過去記事「テク不要!即小顔になれる簡単“シェーディング”術」では、ファンデーションやBBクリームを使ったシェーディング術を動画でご紹介していますので、ぜひ参考にして下さいね。

 

■2:“深み色”口紅をつけて上質唇へ!

リップも顔色と同じ原理で、歯の白さを浮き立たせるために暗めの口紅をつけます。真っ赤な唇はここ数年はやっているし、シックな秋の季節ともぴったり。これからのシーズンに、様々なブランドから“深み色”コレクションが発売されています。

先日ご紹介した記事「ロースキン美女の唇は…深み色!“今っぽ顔”を作るリップメイク」では、レッドやローズ系の口紅が映えるリップメイク術を伝授していますので、ぜひご覧下さい。

 

「歯が少し黄ばんできた」「デートだから歯を白く見せたい」などと思ったときは、上記を試してみて下さいね。いつもはヌード系メイクを取り入れている方も、この秋はぜひボールドやローズの“深み色”リップスティックをつけて、きらりと白い歯で輝く女性を目指しませんか?

 

【関連記事】

1日たった10秒!驚くほど「下半身が引き締まる」バレエポーズ

乾燥したマスカラに目薬?「古いコスメが復活する」驚きウラ技4つ

手持ちの●●+ファンデで即効ピュア肌!「夏ぐすみ一掃」裏ワザ3つ

食後の●●も要注意!「どんどん歯が黄ばむ」見落としがち食料品3つ

※ 寝たまま「ワキ肉」痩せ!むにむに脂肪をやっつける簡単エクサ

 

【姉妹サイト】

※ 納得の1位!「仕事と子育ての両立が上手そう」2位木村佳乃、トップは

会社員も他人事じゃない!「公務員の年金制度」がガラっと変わる理由

 

【画像】

※ by © sakkmesterke / Dollar Photo Club