便秘の救世主…モチリンって?「スルリ体質」になる食習慣3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの女性を悩ませる“便秘”。便秘で腸内環境が悪いと、毒素が体内を回り、肌荒れ・疲労・そして太りやすい体を作る原因に……。反対に、腸内環境が良いと、キレイな血液が体内を回り、肌ツヤUP・痩せやすい体質につながります。

今回は、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、便秘を改善して痩せ体質を作る食生活について、お話していきたいと思います。

 

■1:水溶性食物繊維をとる

水溶性食物繊維には、硬くなった便を柔らかくし、排出しやすくする働きがあります。また、善玉菌を増やして、悪玉菌を減らし、腸内環境をキレイにする働きも。

フルーツならいちご・キウイ・バナナ・リンゴ、野菜ならにんじん・山芋に豊富に含まれるので、参考にしてみてください。効果的に摂取したい方は、『美レンジャー』の過去記事「頑張っても“365日便秘女子”は食物繊維の摂り方に問題アリ!?」も必見です。

 

■2:自分に合ったヨーグルトを見つける

便秘解消の救世主・ヨーグルトには、コラーゲンが配合されたもの、植物性乳酸菌がとれるもの、水溶性食物繊維がとれるものなど、たくさんの種類があります。

どのヨーグルトを食べたら良いのか迷ったら、まずは、同じヨーグルトを2週間程度食べ続けてみてください。便が柔らかくなったり、肌の調子が良くなったりしたら、それが合っている証拠です。

 

■3:就寝3時間前になったら食べない

夕食後、腸をしっかりと休息させてから寝ることで、“モチリン”という腸管を掃除し、排便を促してくれるホルモンが分泌されます。

就寝3時間前になったら食べるのをやめて、腸を休めてあげましょう。

 

以上、便秘を解消して、痩せ体質を作る食生活についてお伝えしました。頑固な便秘にお悩みの方は、参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

「太りにくい」コンビニ食3種をビューティーフードアドバイザーが指南!

デンプンの吸収に驚異の差!麺類「冷vs.温」ダイエット向きはどっち

あきらめた人から…痩せ期を逃す!「ダイエット停滞期」正しい過ごし方

※ 出勤前に朝ヨガ!「戦士のポーズ」で太もも・お尻をキュッと締め

※ いつでもできちゃう!3ステップでくるくる「便秘解消」マッサージ

 

【姉妹サイト】

※ 叶えたい夢があるなら!雇われるより「雇い主」になったほうがいい理由4つ

※ 憧れはカモシカ脚よりメリハリ脚!「理想の脚」で米倉に勝ったのは…

 

【画像】

※ stacey svendsen