そのチョイス…待った!「コンビニフード」痩せたい人の賢い選び方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パン・サンドイッチ・おにぎりなどの主食系やお総菜、ホットスナック。「料理をするのが面倒くさい」「手軽に小腹を満たしたい」というとき、これらのコンビニフードが役に立ちますよね。ですが、選び方によっては思いのほか高カロリーで、体重増加の原因になることも。

そこで今回は、ダイエット中に気を付けたい“コンビニフード”の選び方について、お話していきたいと思います。

 

■パン・パスタ<おにぎり

まずは、「“太りにくい”コンビニ食3種をビューティーフードアドバイザーが指南!」を参考に、どのようなものが太りにくいのかを頭に入れておきましょう。

(1)主食は玄米・雑穀米おにぎり

(2)おかずには鶏肉・海藻を

(3)おやつなら和菓子、小分けになっているもの

パスタやパンのように小麦粉を使用している食べ物は、血糖値を急上昇させます。すると、血糖値を下げるためにインスリンが大量に放出され、内臓脂肪がつきやすい状態に……。

主食を選ぶときは、おにぎりがオススメ! ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な玄米・雑穀米おにぎりがあったら、迷わずチョイスしてみてください。

 

■むくんでいるときは昆布おにぎり

続いては、「不調に合わせて決める!“コンビニおにぎり”の効果的な選び方」。お悩みの改善に効果的なおにぎりの“具”を選んで、キレイをサポートしましょう。

(1)疲れているとき・・・梅干し

(2)むくんでいるとき・・・昆布

(3)PMSがツライとき・・・ツナ

(4)若々しい肌を保ちたいとき・・・鮭

むくみが気になるときは、余分な塩分を体外に排出し、水分バランスをうまく調整してくれる“カリウム”を含む昆布おにぎりをチョイスしてみては?

 

■味付けが濃い<味付けが薄い

最後は、ダイエット中に控えたいコンビニ弁当について。「ちょっとマッタ!痩せたいなら選んじゃダメ“コンビニ弁当”あるある」でお伝えしているコンビニ弁当は、要注意かも……。

(1)炭水化物×炭水化物

(2)味付けが濃い

(3)野菜が少ない

(4)おかず・具が少ない

しっかりと味付けされた弁当は、食欲をそそります。そのため、ちょっと量が多くてもペロリと食べられたり、食べ足りずにデザートをチョイ足ししてしまったり……。

ダイエット中は、味付けが薄い弁当を選ぶことをオススメします。

 

以上、ダイエット中に気を付けたいコンビニフードの選び方をお伝えしました。“コンビニご飯率”が高い方は、選び方の参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

レジ横が…激アツ激ヤバ!「コンビニドーナツ」高カロリーランキング

※ ウヒョ…激マズ!「ソースの風味が落ちまくる」やりがちNG保存3つ

※ 424回混ぜると悶絶の旨さ!究極「納豆の食べ方4箇条」やってみました

 

【姉妹サイト】

※ 30代すっぴん美人モデルが語る「お風呂上がり40秒が勝負」なワケ

※ あっ忘れてた!疎遠になってる「取引先とうまく復縁する」方法3つ