ヤダ困る!「寝不足・冷えで白髪増加」死守すべきは酵素のナゼ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の悩みといえば薄毛と並んで白髪です。特に30、40代の女性は、「白髪が増えるのは嫌だな」と感じているのではないでしょうか。

最近何かと取り上げられる“酵素”ですが、実は酵素を摂るとダイエットに良いだけではなく、髪の毛にも良いというメリットがあるのです。 

今回は酵素と白髪について、『鶴見クリニック』の鶴見隆史院長にお聞きします。院長は「病気の原因は酵素の浪費と酵素不足の食生活にある」との考えから、断食法や酵素食の指導もされている方です。

それでは、院長の新著『朝だけ断食で、9割の不調が消える!』からご紹介しましょう。

 

■酵素不足は髪の毛から 

酵素は年齢とともに減っていくということは、皆さん聞いたことがあるはず。生命維持に欠かせない酵素はどのように使われていくかというと、まずは命に関わるところから。そして、どうしても見捨てられてしまうのが“毛髪”というわけです。 

「メラニン色素を髪に固着させるのは、チロシナーゼという酵素です。年齢を重ね、どんどん潜在酵素が減少したら、このチロシナーゼは活性されなくなり、ほかの重要な部分に回されます。そのためにできるのが白髪です」と鶴見先生。

 

■酵素を消耗する生活習慣 

このように白髪対策には欠かせない酵素ですが、ご存じのように不足しがちな酵素を補うには発酵食品や野菜、果物など、健康的な食生活が欠かせません。そしてそれ以外に、下記のような生活習慣にも酵素不足になってしまう原因が潜んでいます。 

(1)身体の冷え

「体温が一度下がると、酵素の働きは半分以下になってしまいます」と鶴見先生。入浴などで身体を温めることは、酵素の働きを活性化させることにも役立ちます。 

(2)睡眠不足

酵素は私たちが眠っている間に大量に生産されることを知っていましたか? 午後8時から午前4時までは代謝の時間とされています。そのため夜更かしや徹夜をしていると、酵素の生産が思うように進まず、代謝酵素が不足した状態に陥り、老化を加速させる要因になります。 

(3)ストレスが多い

「ストレスは悪玉菌を増やして、腸内環境を悪化させてしまいます。自律神経のリズムを狂わせ、活性酸素を発生させるので、その処理のために酵素も多く使います」(鶴見先生)

いかにストレスを解消するかは、食生活と並んで、酵素を消耗させないという点からみても重要なのです。 

 

酵素と白髪の関係についてお届けしました。白髪は体内の酵素不足を知らせるものでもあるんですね。一度、白髪になってしまうと元には戻りにくいものですから、酵素不足にならない生活を心がけたいですね。

 

【関連記事】

あきらめた人から…白髪増加!「メラノサイトを守る」習慣改善7策

※ 毛が緑に変色?スタイリストが指摘「自分で白髪染め」2つの要注意

30歳越え女子は気をつけて!「抜け毛・白髪」は血液が●●の可能性

※ なんかダサい「残念くるりんぱ女子」が急増中!人気ヘアのNG3つ

※ 可愛くorクール?なりたい印象別「チークの正しい入れ方」

 

【姉妹サイト】

※ え…遊びよりソレ!? 働き女性が「幸せを感じるもの」2位食生活、1位は

※ あなたは持ってる?「人生の豊かさ」に2倍差がつく大切な要素はこれだった

 

【参考】

鶴見隆史(2015)『朝だけ断食で、9割の不調が消える!』(学研パブリッシング)