熱中症対策として話題の「塩」はお風呂に入れてもイイ?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、食品メーカーが「熱中症防止のために……」という名目で、塩を原料に使用したお菓子等が続々登場し、大ヒットしているそうです! なので、皆さんの身の周りでも、塩キャラメルや塩キャンディー、塩配合ドリンクなど、様々なところで塩という文字を見かけることがあると思います。

塩は、体の水分量のバランスを保つ働きをしています。塩に含まれる『ミネラル成分』は、人体の酵素を活性化して細胞の働きを正常化するので、免疫力だけでなく、自然治癒力を高める効果も!

さらに、血液中の二酸化炭素を対外へ排出させる働きがあるのも、美容・ダイエットでよく使われる理由のひとつ。塩を取り入れることで発汗作用が高まり、肌深部の汚れや老廃物を排泄するなどのデトックス効果が期待できるのです。

そこで、夏にピッタリの『塩浴』をオススメします。ちなみに、使用する塩はなんでもOK!

 

■塩浴の美容・ダイエット効果とは?

発汗作用を促進の他、身体全体の代謝UP、老廃物除去などが期待できます。フットバスは、かかとやひじなど硬くなった部分の角質を軟化させて、古い角質を取り除いてくれます。

[フットバス]

1:洗面器に35度くらいのお湯を張り、適量の塩を加え完全に溶かします。

2:足を10~30分浸します。

[バスソルト(塩浴)]

1:浴槽にお湯を張り、適量の塩を溶かして入浴し下さい。

2:30分ほど半身浴します。

身近にある塩ですが、こんな効果があるなんて嬉しいですよね。“食べて良し、お風呂に入れて良し”の便利な塩。この夏は塩のチカラで、健康&キレイになっちゃいましょう!

 

【参考】

神戸新聞|くらし|塩味の菓子で乗り切る夏 熱中症対策で人気上昇