生理前に…またポツン!「アゴのニキビ」毎月できる理由と予防策

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生理前になると、毎回アゴのニキビができるという人はいませんか? 月に一度、アゴのニキビに悩まされるなんて、もううんざりですよね。朝、鏡を見るたびにストレスが溜まってしまいます。

皮膚科に行って飲み薬や塗り薬が処方されても、一時的によくなるだけだったり、生理不順でもないのにホルモン剤を飲むことになったりと、根本的な解決にたどり着かない方も多いようです。

今回は、薬剤師であり東洋医学の専門家である著者が、生理前のアゴのニキビの原因と対策についてお伝えしたいと思います。

 

■西洋医学で考えるニキビの原因

ニキビは毛穴が詰まり、さらに皮脂の分泌が過剰になることで発生します。

毛穴が詰まる原因は、食事や老化による肌のターンオーバーの乱れや、角質がはがれ落ちず溜まり、汚れが残ることなどです。また、男性ホルモンが優位に分泌されると、皮膚の角質が厚くなり、毛穴が狭くなって毛穴を詰まらせてしまうこともあります。

皮脂の分泌が過剰になる原因は、食事の乱れや睡眠不足、ストレスや洗顔のしすぎ、ホルモンの乱れなどです。また、これらにも男性ホルモンは影響してきます。男性ホルモンは皮脂分泌も増加させてしまうのです。

その男性ホルモンは、ストレスにより自律神経が乱れることで、過剰分泌されます。

 

■東洋医学で考えるニキビの原因

東洋医学で皮膚は、内臓の鏡と呼ばれていて、アゴのニキビがある人は胃腸が弱いと判断することが多いです。胃腸が弱ると消化吸収能力が低下することから新陳代謝が悪くなったり、必要なものを吸収して不要なものを排出するという働きが鈍くなっています。その結果、皮膚のターンオーバーが遅くなり、毒素が体内に溜まりやすくニキビにつながります。

胃腸の働きを低下させる原因としては、食事の乱れとストレスが考えられます。

 

■なぜアゴにニキビができるのか?

アゴは皮脂腺の分布の多いエリアです。

また、生理はプロゲステロンとエストロゲンにより調整されています。生理前はプロゲステロンの分泌が増加します。プロゲステロンは、皮脂分泌を増加させます。

なので生理前はオイリー肌になりやすく、特に皮脂腺が多いアゴは、皮脂分泌が過剰になりやすいです。この時期に毛穴が詰まり、皮脂分泌が増加した状態が重なると生理前のアゴのニキビにつながります。

 

■生理前のアゴのニキビの対策

西洋医学でも東洋医学でも、食事内容やストレスなどの生活習慣を原因として考えることができます。生理前のアゴのニキビは、ニキビができやすい体質ではなく、ニキビができやすい生活習慣を送っているということだったのです。

ストレスを取り除くことはなかなか難しいので、まずは胃腸に良い生活をお勧めします。生理前に甘いものや油物をたくさん食べたり、日常的に炭水化物に偏る傾向があったりする人は控えましょう。また、食物繊維やたんぱく質が不足していたり、早食いしてしまったり、冷たい水分や甘い飲料を飲んだりと、胃腸に負担がかかるような生活は改めてみましょう。

洗顔やスキンケアも勿論大切ですが、上記のような行動を改め、ターンオーバーと皮脂分泌を内側から整えるようにしましょう。

 

女性は生理前に、アゴのニキビができやすい体内リズムを持っているので、思い当たる人は気をつけてみてくださいね。

 

【関連記事】

もうヤダーッ!悩める女子多発「生理前の暴走食欲」を抑えるテク3つ

※ 手が●色なら可能性アリ!生理前に不調が襲う「血虚」…特徴と対策

※ 舌の裏を見て!シミに生理痛…万病の元「血のよどみ」自己診断

※ 女子必読!「生理前・中・後」に食べるべきPMSを軽くする食品

※ 1時間に1回は押したい!「目・首・肩」がラク~になるツボ3つ

 

【姉妹サイト】

※ あんな子選ぶなんて!結婚のあいさつで彼ママに嫌われるNG行動4つ

※ サムッ「電話にでんわ」に何て返す!? 職場のオヤジギャグ成仏のコツ3