えっ…朝食は摂らないほうがイイ?医師が「朝だけ断食」を勧める理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、毎朝朝食を摂っていますか?

「朝食を摂るのは朝起きてすぐマラソンをするのと同じ」と話すのは、鶴見式免疫治療を確立した『鶴見クリニック』の鶴見隆史院長。

「脳のエネルギーになるから」と朝食はとかく重要視されていますが、鶴見院長は、「身体には糖新生という仕組みがあるので、ブドウ糖を無理に摂らなくても、脳へは十分にブドウ糖が行き渡る仕組みになっています」と説明します。

身体の生理的リズムでいえば、朝は排泄の時間。朝食を摂らないほうが頭は冴えるし、身体は軽く、疲れにくくなるということを実感できるそうです。

それでは、鶴見院長の新著『朝だけ断食で、9割の不調が消える!』を参考にしながら、朝食を摂らないほうが健康によい理由と、朝だけ断食の方法についてお伝えしましょう。

 

■朝食が肥満のもとになる場合も

朝ご飯を食べたのに10時におやつを食べたくなったり、お酒を飲んだ後にラーメンが食べたくなったりすることがありますが、これは糖質を多く摂ったせいで、血糖値が乱高下していることが関係しているといいます。

糖質が多い食事だと消化吸収が終わっていない段階で、血糖値が乱高下した結果、空腹を感じさせるようになるのです。

朝は排泄の時間なので、本来は強い空腹を感じることはありません。前夜に摂った糖質の影響で不自然に空腹を感じているともいえ、これが食べ過ぎにつながってしまうそうです。そして朝食を摂らないことで酵素を節約することができ、酵素不足で起こる身体の様々な不調を防ぐことができると鶴見院長は説明します。

 

■朝だけ断食のやり方

(1)朝起きたら、コップ1杯の水を飲む 

一気にゴクゴクと飲み干すのではなく、適量を口に含んで、30回噛んでから飲みましょう。噛むことで唾液がしっかり出るので、唾液中のペルオキシターゼの効果で生活習慣病の引き金となる活性酸素を抑制する効果も得られます。 

(2)冷えが気になる人は湯のみ一杯の白湯を飲む

味のない白湯が苦手な人は、梅干しを一つ入れてもいいでしょう。水と同様に、適量を口に含んで30回噛んでから飲みます。最後に梅干しも食べましょう。

 

正午から午後8時までは栄養補給と消化の時間なので、この時間の食事は身体に大きな負担になりません。ダイエットで夜の食事を抜くよりは、朝ご飯を見直したほうが身体のリズムに合っているのかもしれませんね。

 

【関連記事】

朝食を●●にして…細胞デトックス!「痩せて美肌」プチ・ファスティング

※ 意識するだけで自然と痩せる!バレリーナ流「どこでも代謝アップ」術

1ヶ月で-5kg減も!スルスル体重下降「痩せ子のスゴ技朝食」3つ

※ 9月までに体調リセット!「夏バテを美味しく解消」最強の食事リスト

※ トマトのアレに毒?「食べると体に危険の恐れ」身近な食材5つ

 

【姉妹サイト】

※ 今すぐココで見極め可能!「彼が結婚に向く男かどうか」診断テスト

※ 態度は変えた方が得!? 実はちがう「上司へのアピール」の使い分けワザ

 

【参考】

鶴見隆史(2015)『朝だけ断食で、9割の不調が消える!』(学研パブリッシング)