あぁ勘違いオフェロ!「残念な石原さとみ」になっちゃうNGメイク3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男ウケはもちろん、同性からも抜群の支持率を集める旬なモテ女優といえば、石原さとみですよね。ところが、可愛いのにどこか色っぽい……そんな彼女のメイクを真似たものの、見事に失敗してしまう勘違いオフェロメイクが巷で増加中!

そこで今回は、“残念な石原さとみになっちゃうNGメイク”をご紹介します。

 

■1:バンビアイズがパンダ目に……

石原さとみといえば、バンビのように愛らしく、黒目がちな瞳が印象的ですよね。

思わず守りたくなってしまうような瞳のヒミツは、ズバリ目尻の下のブラウンシャドウ。ブラウンのアイシャドウで、目尻の下に影を入れることで、タレ目がちな瞳に仕上がります。

ところが、目尻よりも幅広く、下まぶたの3分の1までガッツリアイシャドウを入れてしまうと、バンビアイを通り越して残念なパンダ目に……。ブラウンシャドウは、目尻4分の1程度が目安ですよ。

 

■2:あざとすぎる唇

キスを連想させるような、ぷっくりぷるるんリップ。しかし、街中でよく見かけるのが、リップラインをオーバーにひいて、今季流行りのビビッドピンクの口紅にグロスをたっぷり、またラメ入りのギラギラグロスを重ねた、あざとすぎる唇です。

石原さとみ風のモテリップを目指すなら、唇の山を消すようにややオーバーにリップラインをとったあと、ベビーピンクの口紅を。仕上げに、透明or薄づきのグロスを重ねれば完成です。

 

■3:クマ……?げんなり涙袋

石原さとみのバンビアイズをさらに際立たせてくれるのが、ふっくらとした涙袋。涙袋は別名“ホルモンタンク”ともいわれ、無意識のうちに男性に「色っぽい」という印象を与えることができます。

そんななか、勘違いメイクの代表例といえば、クマのように目立つ涙袋。よりリアルな涙袋をつくろうと、ゴールドのアイシャドウで涙袋を縁取ったあと、さらに涙袋の下にブラウンシャドウで影を入れて立体感を出す、一見手の込んだメイクです。

しかし、ブラウンシャドウの影がクマに見えてしまい、疲れている、老けたような印象を与えてしまうことも……。ブラウンシャドウは入れずに、ゴールドのアイシャドウのみで仕上げた方が年齢よりも若々しく、可憐な印象を与えることができます。

 

濃くないのに、実はしっかりと計算されている石原さとみのメイク。ほどよいヌケ感を忘れずに、ちゃっかりオフェロ顔を手に入れちゃいましょう!

 

【関連記事】

※ あぁ「残念な北川景子」が街中に!3テクで…目指せ憧れアイメイク

※ ヤバッ…やりがち!「顔をより大きく見せる」勘違いNGメイク6つ

※ 地味顔がより際立つ!絶対やめたい「のっぺり顔」を招くNGメイク

※ 三十路からはキツイ…5歳も老けて「オバ顔になる」NGメイク4つ

※ あぁ君もか…「男のタレ目愛」が調査で判明!モテモテ目の作り方

 

【姉妹サイト】

※ 「美人でもなぜか色気を感じない女性」仲間由紀恵、森泉を抜き1位は

※ ウッ…当たってる! 職場の先輩後輩が丸わかり「世代間ギャップ」4つ