実は危険空間!ドライブでクラッ…「車内で起こる熱中症」対策

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例年にない暑さに見舞われたこの夏、熱中症に関する情報がメディアでも取り上げられていますよね。冷房が効いた中にいれば安心というわけでは決してなく、エアコンをつけている車の中でも、熱中症になる危険が潜んでいます。

海に山に、ドライブに出かける機会が断然増える今の季節、車の中で熱中症が起きてしまうその理由とは一体何なのでしょうか? 予防対策と併せてご紹介しましょう。

 

車中で熱中症になるワケ

たとえ冷房をつけて車内の温度が高いわけではなかったとしても、陽射しの向きによっては、直射日光をもろに受けることがあります。すると体内の温度が上昇しやすくなるのです。

しかも車に座っているときは、背中や腰からお尻にかけてシートに密着した部分が多く、汗をかきやすい状態。さらに車の中は狭い空間なので冷房によって空気が乾燥し、知らず知らずのうちに汗を蒸発させ、喉が渇いてしまうのです。

 

特に危険なのが渋滞

ドライブ中の熱中症で特に気を付けたいのが、渋滞。なかなか前に進まないのに太陽が容赦なく車を照らしていたら危険ですし、トイレの心配をして水分を摂ることを控えてしまう方が多く、これもまた熱中症には危険な要因。

そのうえ長時間のドライブは同じ姿勢を長くとることになり、血行も悪くなって、飛行機の狭い空間に座っているときに起こる“エコノミー症候群”と同じような症状を引き起こしがちです。

 

ドライブ中の熱中症対策は?

こまめな水分補給と体温が上がらないようにする、一般的な熱中症対策が基本です。それと併せて、定期的に休憩をはさんで体をストレッチするなど、全身の血流が滞ってしまわないような工夫が大切です。渋滞が起きそうなときは、携帯トイレも利用して水分を控えるようなことは避けましょう。

 

ドライブ中に熱中症になってしまったら、運転の集中力も落ちて事故を起こしてしまう危険だってあります。またエアコンを切ってしまうと、車内はあっという間に高温になってしまうという点も忘れず十分注意してくださいね。

 

【関連記事】

※ コーヒーはNG!? 熱中症・夏バテ予防に「飲むべきor控えるべき」リスト

朝からダルッ!「寝ても疲れが取れない人」がしてる4つのNG習慣

※ ガッチガチの首・肩に効くぅ!「2分ですっきり」コリ解消体操

死者1,000人超は他人事じゃない!命のための「熱中症対策」保存版

飲むだけで!スルスル~と「痩せる体になる」魔法のドリンク4選

 

【姉妹サイト】

※ も~抱いて!「女子がホレボレする男のカラダ」2位伊藤英明、1位は

※ やってみたら新発見!この夏親子で体験したい「日本の伝統工芸」3選