都会生活をお休み!「大島」で美容ライターがハマった土産3選

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都に属する伊豆諸島のなかでも最大の島“大島”。都心から約120km離れた場所にあり、大型客船なら8時間、高速船なら1時45分、飛行機なら25~40分ほどで訪れることができます。春にはたくさんの椿の花が咲き、夏には海水浴、秋には星空ウォッチング、冬にはマラソン大会が開催されるなど、季節ごとにさまざまな楽しみ方があるのも魅力的ですよね。

実は筆者、今年の夏は大島を満喫してきました。そこで発見したのが、女性に嬉しい美容食・グッズの数々。ここでは、大島に行ったらゲットしたいお土産をいくつか紹介していこうと思います。

 

■1:椿グッズ

椿の名所・大島では、花を“観る”だけではなく、椿グッズを目当てに訪れる方も少なくないそう。お土産屋さんには、フェイスマスクやシャンプー、石鹸など、さまざまな商品がズラリと並んでいました。

なかでも筆者のオススメは、椿オイル。なじみやすく、浸透度が高い“オレイン酸”が豊富に含まれており、髪や頭皮、肌、爪先と全身のお手入れに使うことができる優れものです。

お土産にピッタリな10mlサイズのオイルも販売されているので、探してみては?

 

■2:明日葉(あしたば)スイーツ

「今日摘んでも明日には芽が出てくる」と言われるほど、生命力が強い植物“明日葉”。貧血に効果を発揮する造血ビタミン・ビタミンB12を含む希少な植物として知られています。その他にも、ビタミンC、E、カルシウムをはじめとするビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で栄養バランスが良く、大島では“長寿草”とも呼ばれているそう。

大島の飲食店では、この明日葉を使ったチャーハンや餃子、麺類、てんぷらを食べることができます。お土産には、ゴーフレットやウエハース、羊羹、お茶などがオススメです。

 

■3:牛乳せんべい

大島と言ったら、“大島牛乳”を思い浮かべる方も多いでしょう。牛乳をそのまま飲むのも良いのですが、一度食べてもらいたいのが、昔からある島の焼き菓子“牛乳せんべい”。

搾りたての大島牛乳をふんだんに使った牛乳せんべいは、水を一切使わずに作られているため、牛乳の甘味が引き立ち、どこか懐かしいやさしい味わいを感じられるお菓子となっています。これには筆者もどハマり。大人買いをして帰ってきました。

 

以上、筆者がオススメする大島土産をお伝えしました。これから大島に行く予定がある方は、お土産選びの参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

マツコ絶賛の●●シェイクも!「東北」発の激推しスイーツ3選

京都大好きライター厳選!絶対喜ばれる「美味しい京土産」4選

現地コーディネーターが太鼓判!「ハワイで買うべき」ウマ調味料3つ

※ 水原希子にリアーナも!夏のオフは「ちょい肌見せ」トップスが気分

※ ゾッ…夏に「顔がかゆい」はカビの仕業?顔カビを増やす悪習慣

 

【姉妹サイト】

※ 車がアレだと付き合ってから豹変!? 乗ってる車で分かる「男の本性」3つ

※ ウッ絶句…!どうみても「上司の子どもが可愛くない」時の対処法5つ