げっ…ガニ股じゃ台無し!「イベントだけ浴衣女子」がやりがちNG4項目

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花火や夏祭りのイベントには、浴衣が涼やかでいいですよね。浴衣でいくと割引があるというイベントも多く開催され、浴衣を着る機会が増えているのではないでしょうか。 

着物よりも着やすい浴衣ですが、普段着慣れていない分、残念なことになってしまう場合もあるようです。浴衣を着た時は、以下のようなポイントに注意してみましょう。 

 

■1:着崩れがそのまま

座ったり、歩いたりしているうちに浴衣が着崩れてしまいますよね。衿がはだけて、帯の下のおはしょりがヨレヨレ……。また裾を踏んでしまって、丈が長くなってしまうなど、そのままだと不恰好です。

気付いた時に、鏡を見ながら着崩れを直すようにしましょう。そうすれば時間が経っても着たての涼やかな感じを保てます。 

 

■2:帯がつぶれている

浴衣を着ている時は背もたれにもたれかかると帯がつぶれてしまい、浴衣美人の要である後ろ姿が台無しになってしまいます。帯は外で直すのが難しいので、形をつぶさないようにしましょう。 

 

■3:裾と袖に汚れ

浴衣が着慣れていないと、扱いにくいのが裾と袖。汚れにも十分、注意しましょう。歩く前には裾を開き、下前を折り返しておくと歩きやすく、階段などを昇っていく場合は、おはしょりの少し下あたりで裾を少し持ち上げるようにすると、汚れがつくのを防げます。

食事の時は、袖の振りを別の手でおさえるようにします。 

 

■4:写真撮影でガニ股

浴衣を着ると写真に写る機会も増えますよね。気を付けたいのが足元。洋服の時と同じだとがに股に見えてしまいますが、内股にすればいいわけでもありません。

左側から撮られる場合は身体を斜めにし、右足を左足の親指の付け根あたりまで引いて立つと綺麗です。せっかくなら帯やアップしたヘアスタイル、袖の絵柄が見えるように撮るのも、浴衣ならではといえるでしょう。 

 

多くの中学校の家庭科の授業でも、和装教育の一つとして取り入れられている浴衣の着方。浴衣の着付けや帯の結び方、ヘアアレンジなどウエブの動画も増えていますね。楽しみながら自分らしい浴衣スタイルを作っていきましょう。

 

【関連記事】

流行りのアレもダメ?色っぽさ3割減「残念な浴衣メイク」NG4つ

巾着小さすぎだから!荷物が入って浴衣に合う普段使いOKバッグ3選

せっかくの浴衣姿が台無し…彼がドン引く「ガサツでお下品な仕草」

男性こぞってドキッ!「簡単なのに華やか」な激モテ浴衣ヘアテク

※ 【動画あり】浴衣が似合う顔に変身!「和風美人」になれるメイク術

 

【姉妹サイト】

※ あっついオフィスの救世主!「ベタベタ汗を防ぐ」ひんやりグッズ4選

※ たった5分!1週間で水着が似合う体になれる「駆け込みエクサ」3選