ゴボウで叶える理想BODY★「1日100円で、サロンで5万円並」のリアル効果ってホント?!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TV番組で取り上げられてから、注目度急上昇中の「ゴボウ茶」。
とあるドクターがゴボウ茶を毎日飲んでいることで、自身が体験した驚異のエイジング&ダイエット効果を披露したことから、女性を中心に一気に「ゴボウ茶ユーザー」が増殖しました。
食物繊維が豊富なゴボウ茶は、便秘・肥満症などで悩む女性の力強い味方!それに加えて、美容効果もあるならば…飲まない理由が見つかりません。


 
そもそもそのルーツをたどれば、中国から「薬草」として渡ってきたゴボウ。当初からゴボウは「ただの野菜」ではなく、「薬に近い効果的な食材」というイメージだったようです。しかし今現在、世界でゴボウを食用にしているのは、なんとも意外なことに日本と韓国だけ。(味がダメなんでしょうか…。理由は謎。)
確かに、韓国ではゴボウ茶に加え「高麗人参茶」など、根菜を基にしたお茶が多く飲まれていますし、実際に韓国女性の美肌っぷりを見てもゴボウ効果は想像できます。日本人もゴボウを食べるだけでなく、「お茶にして飲む」ことで、美容効果をもっと得られるハズ!

ゴボウといえば、一番に挙がる含有成分は「食物繊維」ですが、それだけではなく、様々な美容・健康効果をもたらす成分を含んでいるのです。ゴボウの成分を詳しく分析してみると、まず水溶性食物繊維である「イヌリン」には整腸作用があり、便秘や肥満の改善に効果大!
さらに利尿効果のある「リン」、「カリウム」がむくみを解消。体内の老廃物を排出してくれるデトックス効果も期待できます。さらにさらに、「アルギニン」が新陳代謝と肌のターンオーバーを促進!
美肌効果はもちろん、この時期に嬉しい風邪予防効果まであるといわれています。
極めつけは、皮に大量に含まれる「サポニン」。サポニンには強い抗酸化作用があり、エイジングやダイエットに効果的とのこと。よく、「皮に一番栄養がある」などと言われていますが、ゴボウも例外ではないようで…。リンゴ、サツマイモなどと同様、ゴボウも皮まで頂くことがポイントのようですね!

これはあれこれサプリを飲むより、はるかにシンプル。しかもゴボウ茶なら、1日100円程度のコストで、美肌・エイジング・ダイエットなど、エステで数万円分の効果を期待できるのです。
早速簡単レシピを習得して、皮ごとゴボウの美ヂカラの恩恵に肖ってみてはいかがでしょうか。

■簡単★ゴボウ茶レシピ

①牛蒡をスライスして、2日間ほど天干しにします。
②フライパンで10分ほど炒めて水分を飛ばします。
③ティーポットにお湯と②を入れて5分位おき、 色が出てきたら完成!

天日干し…と聞くと、農家か漁師が頭に浮かんで「私には無理ー」という面倒くさがりな方には、茶葉になったタイプのものや、ティーパックタイプも多く出回っています。

この秋冬は、ゴボウ茶美容でリーズナブルに賢くキレイになっちゃいましょう!