意識するだけで自然と痩せる!バレリーナ流「どこでも代謝アップ」術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や家事で、慌ただしい日々を過ごしているみなさん。「時間もお金もかけずに痩せられたら……」と思いませんか?

そんな都合のよい話はないと思いがちですが、ちょっと意識を変えるだけで、生活の中で体を引き締めることは可能です。

今回は、バレエ講師の西尾満里子先生に、電車の中でも、TVを見ながらでも、仕事をしながらでも自然と痩せていく意識の変え方を教えていただきました。早速、今から意識してみて。

 

■電車・普段の姿勢を変えれば痩せる!

名古屋のバレエ教室で指導をしている西尾先生は、「普段の姿勢を意識するだけで、体型は変わる」といいます。

「通勤の電車の中や、友達とのランチ中、夕食の支度のときなど……ふと気づいたときに、お腹に力を入れて鎖骨を開き、バレエの姿勢をキープするようにしてみて」と西尾先生。

実際に先生に指導をしてもらうと、いかに普段の姿勢が“痩せない姿勢”か痛感します。お腹はたるみ、背中の筋肉なんてほとんど使っていません。これをずっと続けていると、どんどん脂肪がついていってしまいます。

では、バレエの姿勢とは、どこをどう意識すればよいのか見ていきましょう。

(1)立っているとき

立っているとき、どちらかの足に重心をおいて、ダラッとしていませんか? とくに電車で吊革を持っていると、体の力が抜け切ってしまいがちです。

立ちの姿勢のときは、左右の内ももをしっかりくっつけるように意識して。半紙が落ちないようにギューッと挟み込むと、内ももが硬くなります。自然とおしりもギュッと閉じるでしょう。

お腹の意識も重要です。骨盤から背中にかけて、まっすぐになるように整えましょう。さらに、おへそを縦長にするイメージでお腹を引き上げて。いかに普段腹筋と背筋を使えていないかわかるはず!

(2)座っているとき

座っているときも、基本は立ちの姿勢と同様です。両ひざをギューッと閉じ、半紙を落とさないようなイメージでキープしましょう。骨盤をきちんと立たせ、おへそを縦にするイメージで引きあげます。

ドカッと座って、おしりのお肉がしっかり椅子に乗ってしまうのはNG。はりきりすぎて、反り腰になってしまうのもいけません。

外出先でこの姿勢をキープできるよう、家で鏡を見てチェックしながら練習するとよいでしょう。

 

上記のポイントを意識して毎日過ごすだけで、代謝アップ、引き締め効果が期待できます。何気ない普段の時間に、ちょっと意識してダイエットタイムに変えてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 寝る前に1分だけ!「むくみ」を翌日に持ち越さない簡単ポーズ2つ

※ その差10kg…これが痩せる暮らし!「私のヤセ子vs.ポチャ子時代」比較

※ 極太大根足を何とかしたい!「下半身デブ」から抜け出せなくなる悪習慣

※ 「下半身太り」嘆く前にコレ読んで!痩せない人のNG行動まとめ

※ 食べなきゃ大損! 脂肪ボーボー燃えまくり「痩せ子の定番朝食」4選

 

【姉妹サイト】

※ たった5分!1週間で水着が似合う体になれる「駆け込みエクサ」3選

※ 若いうちだからできる!自分のキャパをグンと広げる10,000時間の●●とは|山口真由さん(弁護士)