あぁ気付いたら体臭キツ子に!「摂りすぎると悪臭を放つ」食品リスト

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

汗の季節“夏”。メイクやヘアスタイルの崩れだけではなく、体臭に気を使う方は多いですよね。しかし、どういうわけか改善しない……。もしかしたらそれ、下記の食べものと関係があるのかも。

今回は、食べ過ぎ注意! “体臭を強くする食べもの”を集めてみました。

 

■1:スパイスや香辛料

「“私ニオってる?”デートの前はNGな体臭を強くする食べ物5つ」では、体臭を強くする代表的な食べものを紹介しています。

(1)スパイスや香辛料

(2)アルコール

(3)乳製品

(4)肉

(5)ジャンクフード

スパイス類は、消化時に亜硫酸ガスという刺激臭を発しながら血液に溶け込んで循環します。その結果、肺や毛穴からニオイを放つ原因になることも……。

「夏バテしないように」と、スパイス・香辛料を意識的に取り入れている方は多いと思いますが、デートや大事な予定の前には、控えたほうが良いかもしれませんね。

 

■2:アブラナ科の野菜

海外のライフスタイル情報サイト『next avenue』の記事によると、女性のデリケートゾーンのニオイを悪化させる食べものがあるのだそう。気になるその食べものは、「お泊り前は控えて!“デリケートゾーンの悪臭”招くNG食材3つ」でお伝えしています。

(1)アブラナ科の野菜

(2)赤身肉

(3)魚

なんでも、ブロッコリーやカリフラワー、キャベツといったアブラナ科の野菜に含まれる硫黄混合物には、強い刺激臭があり、摂取すると悪臭が汗とともに放出されるのだとか。

これらの野菜を口に入れると、1時間ほどでニオイがし始め、6時間後にはなくなっているという研究結果もあるので、時間・タイミングを計って取り入れるようにしたいですね。

 

■3:脂質・糖質の多い食べもの

頭皮のモワッとしたニオイの正体は、汗と皮脂が混じって酸化したものです。頭皮は、体の中でも皮脂の分泌量が多く、ニオイが発生しやすい場所。脂質と糖質の摂取を抑えて、皮脂の分泌量を減らし、ニオイにくい環境を作りましょう。

脂質と糖質の多い食べものは、「スイーツ好きは危険!“頭皮が臭くなる”原因の食べ物はアレだった」で紹介しています。

(1)肉

(2)ケーキやアイスなどのスイーツ

(3)スナック菓子

(4)天ぷら、唐揚げ

(5)ジャンクフード

(6)インスタント食品

(7)コンビニ食

(8)辛いもの

(9)アルコール

 

「もしかして私、ニオってる……?」と日々心配している方は、上記の食べものを摂りすぎていないか思い返してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

彼も後ずさり!頭皮がクっサい「おっさん臭」になっちゃうNG習慣

※ 毎日1分!キューッと「ウエストがくびれる」ながらエクサ

 

【姉妹サイト】

※ トリンドル玲奈もその効果の虜!次に来る「スーパーフード」はコレ

※ デキる女子はコレ持って行く!BBQで超絶喜ばれる「意外な食材」3選