2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『美レンジャー』ユーザーの皆さんは、まつ毛エクステやアイメイクにまでこだわっている方が多いですよね。だからこそ、「自まつ毛の状態が気になる……」なんて、秘かに悩んでいる方も少なくないのでは? 実際に、まつ毛の悩みを抱えている人は65%にも上るのだそう。そして、なかには“まつ毛貧毛症”の疑いがある方もいるというから驚き!

今回は、意外と知らない! まつ毛貧毛症についてご紹介します。

 

■まつ毛のお悩みTOP3は……“少ない、短い、抜けやすい、減ってきた”

アラガン・ジャパン株式会社、塩野義製薬株式会社が、20~60代女性10,000人を対象に行った「まつ毛に関する意識調査(※1)」によると、「まつ毛について悩みを感じていますか」という問いに対し、何らかのまつ毛への悩みがある人は65.6%と、約2/3であることが明らかになりました。TOP3は以下のとおりでした。

1位 少ない・・・39.0%

2位 短い・・・38.9%

3位 抜けやすい・・・35.6%

3位 年齢とともに減ってきた・・・35.6%

※1 調査期間:2015年3月10日~13日、調査手法:Web調査

 

■当てはまったらそうかも……まつ毛貧毛症とは

皆さんのまつ毛は、いまどんな状態でしょう? 早速チェックしてみてくださいね。

□自分のまつ毛が不足していると感じる

□自分のまつ毛が短いと感じる

□自分のまつ毛が細いと感じる

□自分のまつ毛が薄いと感じる

一つでもチェックがついたら、「まつ毛貧毛症(睫毛貧毛症)」かもしれません!

「まつ毛貧毛症」とは、エクステやマスカラ、ビューラーなどのアイメイク、クレンジングによってまつ毛に過剰な負担がかかったり、加齢やアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患、抗がん剤などの治療の副作用によって、まつ毛が不足したり、不十分な状態のことを指します。

 

■気になるまつ毛には……クリニックで相談も可能!

女性にとって、まつ毛は大切なパーツ。機能としては、汗や日光、ホコリや異物から目を保護します。また、その人ならではの顔つきや表情、目元をつくる役割もあります。実は、このまつ毛が“少ない・短い・細い”といった悩みは、クリニックで相談することが可能なのです。

たかがまつ毛、されどまつ毛……まつ毛の悩みを医師に相談できることは嬉しいですよね。

「今すぐ医師に相談したい!」という方は、『まつ毛クリニック.com』で、相談できるクリニックを簡単に検索することができますよ。

 

まつ毛に悩んでいる方は、ぜひ、サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

まつ毛クリニック.com

Sponsored by アラガン・ジャパン株式会社 / 塩野義製薬株式会社