ニキビに直でコンシーラーは…逆効果!正しい「女の肌悩み」の隠し方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビにシミ、くま……。女性の顔には、隠したいお悩みがたくさん。そんなときに役立つのが、“コンシーラー”ですよね。

ですが、“ただコンシーラーを使えば良い”というわけではありません。お悩み別に適した使い方をしなければ、意味がないのです。

そこで今回は、隠したいお悩み別“コンシーラーの使い方”をご紹介します。

 

■1:ニキビ

ポッコリと盛り上がったニキビに直接コンシーラーを塗っては、逆に目立たせることになってしまいます。

ニキビのまわりの肌(ふたまわりくらい大きく)を埋めるように、コンシーラーを塗りましょう。このとき、指を使うよりも、コンシーラーブラシを使った方が、簡単に清潔に仕上がります。

コンシーラーを塗ったら、パウダーファンデーションで表面を軽くおさえてください。決して力を入れすぎないように!

 

■2:シミ

シミには、硬めのコンシーラーを使うのがオススメです。小さく点在するシミにはコンシーラーブラシ、大きなシミにはスティックタイプのコンシーラーを使いましょう。

コンシーラーをシミの上にのせたら、放射線状に外側にぼかし、肌との境目を指で軽くなじませます。仕上げに、パウダーファンデーションでおさえたら完成です。

 

■3:くま

くまを隠したいときは、コンシーラーを点で置いていき、ポンポンと軽くたたきます。そのあと、指で優しく左右にスライドさせて、なじませます。

くまには、下記のような3つのタイプがあるので、それぞれに適したコンシーラーの色を選ぶと良いでしょう。

(1)青くま/血行不良タイプ・・・オレンジ系のコンシーラー

(2)黒くま/たるみタイプ・・・凹凸を埋める化粧下地や、オレンジ系のコントロールカラー

(3)茶くま/色素沈着タイプ・・・イエロー系のコンシーラー

 

いかがでしたか? 肌のお悩みを上手に隠して、トラブルなんてなかったことにしちゃいましょう!

 

【関連記事】

実はメイクの弱点?お悩み別「下まつげ」をキレイに見せるテク

見た目年齢…プラス5歳!哀しき「オバ顔女子」の勘違いメイク5種

盛った人から古メイク認定!上品さにドキッ「セパレートまつげ」の作り方

長い顔もエラもカット!? 「理想の卵形フェイス」を作る魔法のひと刷毛

※ 不器用でも絶対キマる!中村アン風「かきあげ前髪」の作り方

 

【姉妹サイト】

※ 脂肪がボーボー燃える!摂るだけでやせ体質を作る最強ダイエット食材

※ 暑~い日はココへ!「大人が癒される2015夏の水族館イベント」情報3つ