驚愕…生活に潜む「色」の知られざるパワーを徹底解明!【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤、緑、黒……。

私たちの生活は、毎日さまざまな色に囲まれています。今日の服は何色ですか? 何故、その色を選んだのでしょうか? 無意識に選びがちな色には、実は女性の魅力をアップさせるための、沢山のパワーが隠れていたのです。

カラーセラピストでありながらメイク講師の顔も持つ、TOMOさんから特別に“色のもつパワー”について、お話を伺いました!

shutterstock_135025328 

色は目に映るものと思いがちですが、実は、肌も色を感じているのです。ある実験によると、赤の部屋と青の部屋に、目隠しをした状態入ったとき、赤の部屋にいるときは、じっとしていられなくなり『早くここから出たい』と感じるのだそうです。

一方、青の部屋にいるときは、対照的に身体は落ち着きを感じるという結果に。

このように、色は目で受け取る印象だけではなく、身につけたり、触れたりすることでも人に影響を与え、色ごとに異なるエネルギーを、人は本能的に、肌で感じとることができるのです。

大きなパワーを秘める色を、味方につけ、自分の魅力アップにつなげたいですよね! それぞれの色が与える印象と、そのパワーについて、解説していただきました。

 

【赤】

■与える印象:積極的である・行動力がある・リーダーシップがある

勝負時の赤いふんどしや、還暦祝いの赤のちゃんちゃんこ。赤には、人の血気を高め、パワフルにする力があります。ここぞの勝負は、赤の力を借りたいもの。

 

【緑】

■与える印象: 癒しの存在・協調性がある・バランスがうまくとれる

緑は、虹の七色のなかで中間に位置する色。極端にならず、中立的で平和を意味します。バランスがとれ、リラックス効果を与えてくれる、緑は、特に「物事は白黒はっきり付けなきゃ気が済まない!」という人にオススメ。

 

【黒】

■与える印象: 落ち着きがある・威厳・品格高い

学ランに用いられる黒には、エネルギーを抑えて落ち着きを与える力があるといいます。いつもより自分をランクアップして見せたい、自分の意思を貫きたいときなど、黒を身に付けるとより良いのではないでしょうか?

 

いかがでしたか? 相手に「こう思ってもらいたい」と思うときは、少し色を意識して、服や小物、またメイクを変えてみてはいかがでしょう?

残りの色の解説は、後編をご期待ください!

 

【参考】

カラーセラピスト/メイク講師 TOMO