食べなきゃ大損! 脂肪ボーボー燃えまくり「痩せ子の定番朝食」4選

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一年で最もダイエット熱が高まるといっても過言ではない、この時期。今もまさに、ダイエットに励んでいるという方も多いのでは? 

しかし、厳しい食事制限や運動ばかりでは、ダイエット開始早々に心がポキッと折れてしまいますよね……。少しでも、ラクに賢く痩せるのがイマドキダイエット! 

そこで今回は、“ただ食べるだけ!脂肪がボーボー燃えまくる痩せ子のマスト朝食”をご紹介します。

 

■1:納豆キムチ

まさに朝ご飯にピッタリな、納豆×キムチの組み合わせ。唐辛子に含まれるカプサイシンには褐色脂肪細胞の働きを手助けし、代謝をアップさせ、体脂肪の分解を促進させる働きがあります。また、血糖値の上昇を抑えて、脂肪が付きにくいカラダへと導いてくれます。

一方の納豆には、納豆だけに含まれる栄養素のナットウキナーゼや、豊富な食物繊維が血液をサラサラにし、便秘改善効果も期待できます。

 

■2:グレープフルーツ

朝食のデザートとして定番のグレープフルーツですが、実は驚きのダイエット効果が! グレープフルーツの苦み成分である“ナリンギン”には、食欲を抑え、満腹効果を得られやすくしてくれる働きがあります。さらに、香り成分の“ヌートカトン”には、交感神経を活性化させ、脂肪燃焼効果を高める作用が。

また、食物繊維も豊富に含まれているため、整腸効果も期待できますよ。

 

■3:蕎麦

朝食といえば、白米やパンが定番メニューですよね。ですが、ダイエット効果に加え、この時期にもってこいの食材が“蕎麦”なのです。タンパク質やビタミン、ミネラル、植物繊維など豊富な栄養素を含んでいる蕎麦ですが、GI値は玄米とほぼ同様。血糖値の上昇を緩やかにし、太りにくくしてくれます。

 

■4:鮭・いわし

焼き魚はもちろん、ご飯の上に鮭フレークをかけてパパッと朝食代わりに済ませるという方も多いのでは? 鮭に含まれる“アスタキサンチン”は、代謝を促進させる作用が、いわしに含まれる“ヒスチジン”には、満腹感を得られやすくなる効果があります。

さらに、美容には欠かせない“オメガ3脂肪酸”が多く含まれており、体脂肪の燃焼だけでなく、美肌効果も!

 

いかがでしたか? どれも身近な食材ばかりなので、気軽に試すことができそうですね。 一日の始まりでもある朝食で、脂肪をメラメラと燃焼させ、ヤセ子を目指しちゃいましょう!

 

【関連記事】

※ 【-10kg痩せた】最強ダイエット朝食は…「●●と卵料理」です!

※ 目覚めもスッキリ!代謝ぐんぐんUP「朝食カレー」で痩せ体質に

※ やっぱスゴイ!「朝食にお米」が美肌とダイエットに最適な理由

※ 1週間で3kg減も!? 脂肪メラメラ燃焼「痩せ子が好む」最強朝食5つ

※ 速効でパッチリ!お出かけ前に「目が一回り大きくなる」簡単エクサ

 

【姉妹サイト】

※ 癒されるだけじゃない!ペットを飼うと体におきる「いい変化」4つ

※ こんなに簡単でイイの!? 「朝のメモ書き習慣」で1日を劇的に変える方法