残念なプツプツ…見られてます!「汚背中」簡単ケアマニュアル

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

背中にできるプツプツニキビ、プールや海に行く時には気になりますよね。この時期、背中が開いた服を着る機会も増えたりすると、自分でじっくり目視できない分、他人からの目線が気になるもの。

そこで、ヘアメイクアーティストchihoさんに、これらトラブルを解決するための方法を教えて頂きました。

 

■気軽にできる簡単背中ケア

「背中は皮脂腺が多くあるため、ニキビが出来やすいんです。それに加えて洗うときにも手が届きにくく、洗いにくい場所でもあります。さらに、シャンプーやボディソープなどのすすぎ残しも、プツプツができる原因のひとつと考えられています。

でもこれらの原因は、ちょっとした心がけで解決できるのです。例えば、夏は湯船は熱いからと、シャワーで済ませがちですが、一度湯船につかって、毛穴が開いた状態で背中を洗いましょう。そうすることで、より汚れを洗い流すことができます。

また、洗う順番にも一工夫。髪の毛を洗ってから、体を洗うという順番にするだけで、シャンプーやボディソープのすすぎ残しを防ぐことができます。

もう一つポイントが! 洗った後の髪は肩上でまとめて、トリートメントした髪が背中につかないようにするのも効果的。日中は髪をまとめて、背中の風通しをよくしておくのも背中ニキビを増やさないコツですよ」とchihoさん。

 

■背中トラブルを防ぐ正しい洗い方

「ひとつには、ボディスクラブを効果的に使用すること。ゆっくり湯船に入って毛穴を開かせた後、体を洗います。その後、ボディスクラブを少し多めに手に取り、円を描くように背中をやさしくマッサージしましょう。そして、ぬるま湯でよくすすぎます。

肌表面の角質が取れてツルツルになり、続けると肌のキメが整ってきます。大体週1~2回が目安です。背中は自分で目視できない分、誰かにやってもらうのが一番よいのですが、一人の場合はタオルにつけて行うのが簡単でムラがありません。

但し、強くこすりすぎるとお肌のトラブルの原因になるので気をつけてください」とのこと。

ボディスクラブでのケアも合わせて行うと、より美背中に近づけそうですね。

 

■じっくり背中ホームケア法

「入浴後は、ローションで肌状態を整えます。肌は乾燥すると、より皮脂を多く出そうとするので、顔と同じく背中も保湿は大事です。

背中にはお肌にうるおいを与えるとともに、古い角質や汚れを取り除く“拭き取り化粧水”がおすすめ。これをコットンにつけ、やさしく拭き取るように肌につけていきます。敏感肌の方や上記にあげたボディスクラブ後は、ごく普通のさっぱりタイプのローションを使ってみてください。

一人でもつけやすい、逆さにしてスプレーできるタイプのボディローションスプレーもあります。こちらを利用するのもおすすめです」。

 

ちょっとしたケアを心がけるだけで見違える背中。これを読んだ今日から、自信がモテる背中作りを始めてみては?

 

【関連記事】

たった10秒!2週間で痩せスイッチON「二の腕&背中」バレエエクサ

※ ギョエ…背中「バクネ女子」多発中!みるみる悪化するNGケア4つ

驚異の胸育でスリムボディも同時ゲット!一石二鳥「乳トレ」総集編

※ 「足もみ」で女子の不調解消!臓器に刺激…ホルモン正常化プログラム

※ これだけで!「便秘&ポッコリお腹解消」ねじれ腸対策マッサージ

 

【姉妹サイト】

※ 寝る前たった3分でOK!ミランダ・カーもやってる美脚ゲット習慣

※ コレ覚えれば使いまわせる!永久保存版「ビジネス英文メール例文」3つ

 

【取材協力】

※ chiho-hairmake・・・コスメアイテム大好きなヘアメイクアーティスト。百貨店のみならず、ドラッグストア・バラエティショップでの逸品探しも趣味兼日課。学校、企業等の講師活動、アーティスト・モデルのヘアメイク、ショーメイク、ブライダルなど、ヘアメイクを通して心身のキレイをお届け。