キレイにしておくとモテる?「男が惚れるパーツ」ベスト3【後編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性が惚れるポイントをパーツ別に分けたテクニックとして紹介した前編の“キラキラ光る瞳”に続いて、後編では残りふたつをご紹介したいと思います! 女性の方は自分と重ねてお読みくださいね!

 

 

■2. 透明感のあるキメが細かいすっぴん風な肌

そうなんです。すっぴん風がポイントなんです! あくまでも風ですよ。すっぴんではございません。ただのすっぴんは逆にナチュラル過ぎて、上品さだったり女性らしさが欠けてしまうのです。

逆にファンデーションをただ塗りたくってる方も要注意です。その人にあったナチュラルな顔が良いのです。

男性には、作りすぎた厚塗りメイクが好まれない傾向にあります。実際に、「メイクした直後の顔よりも、メイクが崩れかけてるくらいがちょうどいい」なんて言われたこともある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

頑張った完璧すぎるメイクも、男性にとっては魅力に感じないもの。例えば、ファンデーションを塗る時は、目の周りやおでこやあごは薄付きにしたり、メリハリを作りましょう。

その際、マットすぎるファンデーションを使うと厚塗り感が高いので、微粒子ラメパウダーを部分的に付けたり立体感を出しましょうね。マットじゃないとテカリが気になるっていう方は、メイク崩れ防止下地などを部分的に使用するのも手です。

特に暑い今の季節には、ファンデーションが崩れてベトベトになってる方も気になるところ。ファンデーションがよれている部分は、きちんと拭って整えましょう。化粧直しをした瞬間色浮きして厚塗り感が出る方が多いので、あくまでも薄付きで行いましょうね。

 

■3. プルプルした魅惑なくちびる

毎日、真っ青な青空と強い紫外線が注がれていますが、ぬかりなく紫外線防止ケアは行っているでしょうか?

UVケアを怠りがちな部分の一つが“くちびる”なんです。

紫外線がくちびるに当たり続けると、くちびるの中にもシミができますし、乾燥するとカサカサしますし、口紅の色味も変わってきます。それと同時にリップやグロスの色味がなかなか綺麗に発色しなくなるのです。

UVカット専用のリップクリームが売られていますので、口紅を塗る前のベースとしてつけるのをオススメします。百貨店ブランドはもちろん、手頃に買えるのは薬局。

また落ちないタイプの口紅やグロスは、くちびるにとっては刺激が強いので、すぐに皮が剥けちゃうことが……。できるだけ、そういうタップはくちびるにつけるのを控えましょう。

もしくちびるが荒れてしまった場合は、皮をめくったりするのは止めましょうね。なめると更に乾燥を引き起こしてしまいます。

たっぷりのワセリンで保湿したり、ハチミツを塗ってみたり保湿を徹底しましょう。ワセリンとハチミツを半分に混ぜ合わせて、くちびるに塗りラップでパックするのも応急ケアとしてオススメですよ!

くちびるのケア方法については、『常にぷるぷるリップをキープ! 男性をトリコにする「くちびる」はどうつくる? 』でも詳しく書いているので、こちらも参考にしてぷるぷるリップを目指してくださいね!

 

以上3つのポイント、いかがでしたか? モテたい方もそうでない方も、これからはこの3つにも注目してケアをしていきましょう。

もちろんこのような外見のケアも大切なのですが、本当に大切なのは中身であります。中身の磨き方で、表情だったり振る舞いなど変わって外見に出てきます。

いつも笑顔でいることなど、内面磨きも重ねて努力しましょうね!