実はメイクの弱点?お悩み別「下まつげ」をキレイに見せるテク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上まつげはキレイに仕上がるのに、下まつげはイマイチ……。このようなお悩みを抱えている方は多いですよね。下まつげは、長さやボリュームが少なく、生え方もまばら。ただマスカラを塗るだけでは、キレイに仕上がりません。

そこで今回は、“下まつげのお悩み”を解決するメイクテクをご紹介していきたいと思います。

 

■1:毛流れがボサボサはホットビューラーで解消

下まつげの“毛流れ”がボサボサでお悩みの方は、マスカラを塗る前にホットビューラーを使うことをオススメします。

ホットビューラーを縦にしたり、横にしたりしてまつげにあて、毛流れを整えましょう。毛流れが整ったら、下まつげ全体にホットビューラーをあてて、まつげの下がり具合を揃えるとなお良いです。

 

■2:まばら生えにはペンシルアイライナー・アイシャドウを!

下まつげがまばらに生えていて隙間が目立つ方は、ブラウンのペンシルアイライナー・アイシャドウを使って埋めていきましょう。

(1)下まつげの生え際に、アイライナーで点を置く(目頭寄りは控えめに)。

(2)アイシャドウ用の細いチップの先端を使い、点を左右にぼかしていく。

 

■3:パンダ目はフェイスパウダーで解消

下まぶたやまつげに油分が残っていると、パンダ目になりやすいので要注意! フェイスパウダーを使って、予防しましょう。

はじめに、指先を使って、フェイスパウダーを下まぶた、まつげの順になじませます。(目に入らないように注意)次に、ビューラーを使い、マスカラを塗りましょう。フェイスパウダーをなじませた後にビューラーを使うことで、まつげの油分・粉がいい感じに落ちますよ。

 

せっかくキレイに仕上がった上まつげを台無しにしかねない“下まつげ”。苦手を克服して、魅力的な目元を手に入れちゃいましょう。

 

【関連記事】

マスカラ賢者・君島十和子流!ジミ顔も華やぐ「扇まつげ」テク公開

あなたが知らない「マスカラの真実」ブラシの形状別まつ毛の勝敗

「短い・細い・少ない」まつげの悩みを解決するマスカラメイク術

男を虜にするマスカラ使いで「別人級に変身する」華麗な技3つ

※ やらなきゃ損!目ヂカラぐ~んとUP「マスカラの塗り方」基本のキ

 

【姉妹サイト】

※ 女子6割が「キレイ顔は持って3時間」夏の悲劇!メイク崩れ撃退策3つ

※ もう失敗しない!同僚ウケ抜群「夏休みのイケてるお土産」を選ぶコツ3つ