マジで!? ホテルの備品「持ち帰り」に関するトンデモ実態【後編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の記事で、働く女性のなんと8割以上の方が「ホテルのアメニティをその場で使わない」と答えているとお伝えしました。意外?やっぱり? みなさんはどのようなご感想をお持ちでしょうか? 後編でも引き続き、ホテルのアメニティと働く女性の意外な関係性について解き明かしていきたいと思います!

 

アメニティが気に入ると、ホテルの好感度がアップ!

さて、特に働く女性はどのような基準でホテルを選んでいるのでしょうか? 出張でビジネスホテルを利用する“働く女性”の意識調査(※)によると、出張先のホテル選びで重視するのは、『宿泊代金』『ロケーション』『清潔さ』がTOP3を占める結果となりました。

また『禁煙喫煙を選べる』『朝食付き』も、お部屋の広さや設備よりも高評価を得ていることがわかりました。このあたりは女子ならではの感覚という感じですね。

 

また、レディースプランで特典になることが多い『アメニティ』に関してはいかがでしょうか? 「アメニティが気に入った場合、ホテルへの印象はかわりますか?」という質問では、結果的に気に入った場合、ほとんど全ての人が「ホテルへの印象がよくなる」と答えています。

アメニティそれ自体はホテル選択時のキーポイントにはなりづらいですが、リピーターになりやすいということがいえるのかも。アメニティとホテルの印象へのリンクは、女性ならではの視点ですね。

 

出張の夜は、飲みに行くより「お部屋でのんびり派」が主流!

また「出張先の夜の過ごし方は?」と聞いたところ、アクティブに楽しむよりも「お部屋でのんびり派(57%)」という回答が過半数に。

 

さらに、働く女性は、お部屋で普段よりゆっくりとSNSやメール・ネットサーフィンを楽しんだり、読書をしているのだとか。また、近くの『コンビニ散策』や『長風呂』、『一人酒』なども上位にランクインしていました。(※一般女性とは、出張に限らずビジネスホテルに宿泊した場合)

 

ちなみに私が出張中のお風呂でほぼ必ず行うことと言えば、バブルバス(泡風呂)。バブルバスはその名の通り、浴槽にシャワージェルなどで泡を立てて入る方法ですが、熱めのお湯で泡を作って浸かると、疲れが一気に取れるのでおすすめ!

バブルバスは一回でお湯を落とす必要があるので、お子さんのいる家庭など、なかなか自宅で楽しむ機会がないという方も多いことでしょう。1人の出張時だからこそ楽しめる、とっておきの美容タイムです。(また詳しく今度ご紹介しますね)

 

旅行などとは違って、「ホテルでのんびり過ごす」方も多い出張中の夜。その分、ホテルの設備は気になるところかも知れませんね。ホテルの部屋での美容アイテムといえば、『アメニティ』。

みなさんのホテルのアメニティの使い方も、Twitterfacebookにてお知らせくださいね!

 

【参考】

※ 調査方法:インターネットを利用したアンケート調査(調査元:三井不動産ホテルマネジメント・再春館製薬所) 調査内容:出張でビジネスホテルを利用する“働く女性”の意識調査、調査期間:2011年6月15日(水)~17日(金) 、調査対象者:全国の30~50代の働く女性

基礎化粧品 ドモホルンリンクル

三井ガーデンホテルズ