朝ランvs.夜ラン!走ると「ぐんぐん痩せやすい体になる」のはどっち

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有酸素運動であるランニングは、ダイエットに効果的だとご存じの方も多いかと思います。では、朝と夜、どのタイミングで取り入れるとより痩せやすい体に近づけるのでしょうか。

そこで今回は、痩せたい人におすすめのランニングタイムについてご紹介します。

 

■朝それとも夜?痩せたい人必見のランニングタイムとは

そもそも、ランニングがダイエットに効果的だと言われる理由は大きく2つあります。ひとつめは酸素を取り入れながら行う有酸素運動は、効率よく脂肪を燃やし、エネルギーへと変えられること。ふたつめは、運動することで体温が上がり、基礎代謝も上がることで消費エネルギー量が増えることにあります。

そして、今回注目したいのが走るタイミング! 朝と夜、どちらに走るのが痩せやすい体づくりにつながるのでしょうか。『石原新菜的 やせるのは、どっち?』の著者で、医師の石原新菜先生によると、答えは朝! 朝にランニングをすることで食欲が抑えられるそう。

先生によれば、運動することで人の体は、自律神経のうち交感神経が優位に働きます。交感神経が優位に働いている間は緊張状態にあるため、空腹を感じにくくなるのです。石原先生ご自身も朝にランニングをされているそうで、走った日は夕方まであまりお腹が空くことなく過ごせ、走らなかった日の方がお昼にお腹が空くそうです。

朝食を食べたのにすぐにお腹が空いてしまう人は、朝にランニングをして自律神経を味方につけるのがおすすめです。

 

■脂肪燃焼をよりスムーズに!ラン前にやりたい2つの運動

ランニングでの脂肪燃焼効果を高めるためにおすすめなのが、走る前に筋肉を刺激する運動を取り入れること。脚やお腹、背中にある大きな筋肉を動かしておくことで筋肉にスイッチが入り、活性化されるので走り出してから脂肪が燃えやすいのです。

『美レンジャー』過去記事の「やらないと損!歩く前にやるだけで“脂肪がボーボー燃える”アノ動き」でご紹介した2つの動きを、走る前に行ってみてくださいね。

 

夏はもうすぐそこまで来ています! 朝ランを取り入れて、効率よくダイエットを行ってみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

知らなきゃ損!驚くほど「脂肪がボーボー燃焼する」ランニング法

1週間で3㎏減も!? 脂肪メラメラ燃焼「痩せ子が好む」最強朝食5つ

【最強ダイエット】今夜からサクッと始められる!「痩せる体作り」3選

毎日1分!キューッと「ウエストがくびれる」ながらエクサ

 

【姉妹サイト】

※ 長谷川潤に学ぶ!産後も旦那とラブラブでいられるたった1つのルール

※ ダイバーシティへの切り札!多様さ包み込む「母性」のチカラ|猪熊真理子さん(株式会社OMOYA代表取締役)

 

【参考】

石原新菜(2015)『石原新菜的 やせるのは、どっち?』 (小学館)