「美人との差」は日焼け後にあり!紫外線で老けないボディケア対策

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線は、老化の原因にもなります。みなさんも、日焼け止めはしっかり塗っていることでしょう。でも、紫外線を浴びた後のケア、怠っていませんか?

顔はきちんとお手入れしている人がほとんどのはず。しかし、ボディは放置しがちです。きちんとケアしておかないと、夏が終わるころには老けこんでいるかも! そこで今回は、紫外線を浴びたあとのボディケア法をご紹介します。

 

■美人はやっている!紫外線を浴びたあとのボディケア

日焼け止めを塗っていても、厚く塗って小まめな塗り直しをしない限り、100%防ぐことはできません。だから、日焼けをした後のケアが重要です。では、具体的な方法をご紹介しましょう。

(1)赤くなっていたら冷やす

日焼け止めを塗らずに出かけてしまったとき、レジャーのときなど、しっかり紫外線に当たってしまうこともあるでしょう。日焼けは火傷と同じ。肌が熱くなったり、赤くなったりした場合は、まず冷たいタオルをのせるなどして肌を冷やしましょう。

(2)肌を落ち着かせるボディミルクを

紫外線を浴びた肌はダメージを受けているので、ボディミルクで落ち着かせましょう。注目のアイテムは、SABONから2015年6月22日(月)に限定発売になる『シルキーボディミルク クリア・ドリーム』(200ml/4,000円<税込>)。

オメガ3、6、9などを豊富に含んだアーモンドオイルやビタミンE、葉酸を含む オーガニックオーツミルクが、肌を落ち着かせてイキイキとした状態に導いてくれます。軽くて滑らかなテクスチャーなので、夏のお風呂上がりでも使いやすいのもポイント。香りはホワイトフローラルで、まさにモテる香りです。

 

■SABONの春夏コレクション『Dream of Harmony』で癒されて

ご紹介した『シルキーボディミルク クリア・ドリーム』をはじめとする、SABONの春夏コレクション『Dream of Harmony』は、SABON史上初の“日本にインスピレーションを受けて誕生した”特別なコレクション。

だから香りも、日本の穏やかな初夏の風景を思わせる奥深いホワイトフローラルの香りで、自然と私たち日本人になじみます。

同コレクションは、夏の皮脂や汗が気になるボディを自然の力ですっきり洗い上げてくれる『シャワーオイル クリア・ドリーム』(300ml/3,000円<税込>)。やさしくふんわりした明かりで、ロマンティックな空間を演出してくれる陶器のキャンドルランプ『ポーセリンランプ』(3,800円<税込>)上品なデザインが施された缶に、豊かな香りが添えられたキャンドルを詰め込んだ『キャンドルin ティンボックス クリア・ドリーム』(400ml/3,800円<税込>)などが揃います。

清らかで優雅な香りに包まれながら、夏に疲れがちな心と体をリフレッシュさせてみてはいかがでしょうか。

 

紫外線を浴びたボディを放置すると、乾燥したり、見た目年齢の老化が進みやすくなります。心地よい香りを楽しみながら、ボディケアもきちんと行ってみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 彼に見られたらアウト!夏の「ドロドロ小鼻」を防ぐメイクテク3つ

※ シミ対策で-16kgの激痩せも!? 名医に学ぶ「●●したら痩せる」理由

※ あのブリトニーも!セレブがはまる「寿司ダイエット」その効果は…

※ たった30秒!華奢な鎖骨へ「デコルテくるくる」マッサージ

※ トマトのアレに毒?「食べると体に危険の恐れ」身近な食材5つ

 

【姉妹サイト】

※ 来年は1人かも…おねだりしたら彼が冷める「誕生日プレゼント」1位は

※ デキる上司は●●で語らせる!「部下とのコミュニケーション」の秘訣

 

【参考】

※ SABON