夏に感じる「うざい」ものランキング1位の正体は?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、「うざい」という言葉を使ったことはありますか? そして、身近に「うざい」と感じる物事はありますか?

殺虫剤、家庭用品、園芸用品、業務用品等の製造・販売をおこなう『フマキラー』が、『“うざい”に関するアンケート(※)』を実施しました。

 

■夏にもっとも「うざい」ものは62.7%で『蚊』!

「夏に感じる、うざいと思うことはなんですか?」という質問で、『蚊』がトップの62.7%。続いて『ベタつき』(50.0%)、『暑さ』(44.4%)となっています。同じ日本の夏ならではの生き物である『セミの音』(20.3%)と比べても、蚊は3倍以上“うざい”と思われているよう……。想像通りという感じでしょうか? ちなみに、フマキラーの主力製品『ベープ』は、蚊の季節である夏向けの商品としてロングセラーになっています。

私も、蚊については飛んでいる音や刺された瞬間のかゆみが不快なだけでなく、痕に残って肌が汚くなるという点で、長らく美容の敵=うざい存在として認識しています。

また、みなさんからも「いつの間にかさされていて、凄くかゆくて迷惑な存在」(女性・46才/東京都)や、「いると退治するまで存在が気になる、うっとうしい生き物」(男性・48才/香川県)などどいうコメントが寄せられています。

イラつきや不愉快な思いを持つ存在、まさにうざいという言葉がぴったりな存在ということが分かりますね。

 

■「うざい」の使用率86%! 最多は20代女性の96.7%!

「あなたは、“うざい”という言葉使ったことがありますか?」という質問で、使ったことがある人は86.0%という結果に。しかし、性別・年齢によって使用する割合は変化します。男性は83.3%でしたが、女性は88.7%。

また、年齢別では20代が93.0%で30代は89.7%、40代は75.3%となり、「うざい」は若者により浸透したことばであることが分かりました。なお、20代女性は96.7%もの人が使用したことがあるそう!

 

■もっとも“うざい”のは「人の話を聞かずに自分の話ばかり」な人

「“うざいなぁ”と感じるのはどういった時ですか?」という質問に対して「人の話を聞かずに自分の話ばかり」が56.7%と1位。2位は「しつこく誘ってくる」で45.2%、3位は「自意識過剰でカッコつけるとき」の38.3%となりました。

「自分中心な人」(男性・28才/東京都)や、「公共の場所でマナーを守らない」(女性・43才/大阪府)、「ほめて伸ばす。ということをせず、批判ばかりする人」(女性・46才/神奈川県)という意見も多数あったようです。

 

いかがでしたか? これから夏のうざいものの代表格である『蚊』への対策を講じる方も多いことでしょう。「うざい」という観点から、夏の風物詩を考えてみることで、また新しい発見ができるかも知れませんね。

 

【参考】

※ 生活に関するアンケート

調査方法:株式会社メディアインタラクティブが運営するアンケート専門サイト『アイリサーチ』を用いたWebアンケート方式、調査期間:2011年6月14日(火)~6月15日(水)、対象地域:全国、対象者数:900名(男性450名・女性450名)、対象年齢:20歳~49歳

殺虫剤の一覧: 製品紹介:フマキラー株式会社