まさかの事実!? 知られざる鮭の美容効果を調べてみた!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サーモンマリネにカルパッチョ、お寿司の鮭、ムニエル、ちゃんちゃん焼き……、和風でも洋風でも大活躍の鮭料理!

そんな鮭が、美容・健康に良いと、みなさん一度くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。ニューハーフ美容家の岡江美希さんが鮭を食べてキレイになったということでも、以前に話題になりました。

しかし、何がどう良いのかというところは意外に知らない方が多いのでは? そこで、鮭の美容効果について調べてみました。

 

ポイントは、鮭に含まれている『アスタキサンチン』という成分。アスタキサンチンには抗酸化作用があり、そのパワーはなんとビタミンEの約1,000倍! 活性酸素を除去しシワ予防効果はもちろん、メラニン色素の沈着を抑えることで、この時期気になるシミを予防してくれる働きもあるのです。

そんなエイジング効果に加え、美白・美肌にも期待できるとされている、まさに女性には嬉しすぎる成分なのです。

ちなみにアスタキサンチンとは、βカロチンやリコピンなどのカノテロイド系の成分で、鮭・エビなど見た目が赤い魚介類に多く含まれている成分。実は鮭は白身の魚なのですが、私たちが知っている色は『サーモンピンク』の色のもの。鮭は産卵するために、海を渡り川に戻ってくることはご存じの通りです。

その間に桜エビやオキアミなどをエサとして食べているうちに、“体内にアスタキサンチンが蓄積して、徐々にサーモンピンク色に変化していく”のだそう。さらに、アスタキサンチンには、疲労回復効果があることでも知られています。

 

一般的に鮭の旬は秋ですが、今はスーパーなどで一年中入手できますし、スモークサーモンとして加工して売っているものも活用しやすいのでオススメ! 「肌も身体も疲れたな……」と感じたら、ぜひ鮭を食べてみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

※ 「ネイチャーメイド アスタキサンチン 30粒」鮭やえびに含まれる赤い色素であるアスタキサンチンを配合した栄養補助食品です。