知らないとデブ直結!夏直前…これでOK「太らないビールの飲み方」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事終わりのビールや、屋外で飲むビールが一層おいしく感じる季節がやってきました。ですが、ビールは糖質が多い飲み物。「ウマイ!」とグビグビ飲みながら食事をしていては、おデブ一直線かも……。

今回は、ビール好きに朗報! “太らないビールの飲み方”をご紹介します。

 

■1:空腹状態で飲まない

空腹状態でビールを飲むと、血糖値が急上昇します。血糖値の急上昇は、脂肪の合成を高め、分解を抑制する“インスリン”の大量放出を招き、内臓脂肪をつけやすくするので、食物繊維を含むものやヨーグルトのような低GI食品と言われるものを、あらかじめ食べておくようにしましょう。

 

■2:小さいグラスを使う

普段、大・中ジョッキでグビグビと飲み干してしまうという方は、あえて小ジョッキや小さなグラスを使い、周囲のペースに合わせて飲むようにしましょう。そうすることで、飲む量を減らせます。

 

■3:食べるものに気を付ける

ビールに含まれるホップ成分には、胃壁を刺激して、食欲を増進させる効果があると言われています。そこで、下記のようなあぶらっぽいものや味の濃いもの、揚げものなどを食べてしまっては、カロリーオーバーの危険大……。

【ビールとの組み合わせを避けたい食べもの】

ポテトサラダ、海老マヨ、シーザーサラダ、から揚げ、フライドポテト、揚げ出し豆腐、天ぷら、アイス、プリン、杏仁豆腐など。

ビールのお供には、食物繊維が豊富なものやよく噛む必要があるもの、脂肪分が少ないものを選ぶと良いでしょう。

 

■4:水と交互に飲む

ビールの飲みすぎを防ぐには、水と交互に飲むのがオススメです。水を飲むと、血液循環が良くなり、アルコールの解毒作用が高まるので、肥満の予防だけではなく、二日酔いの予防にもなりますよ。

 

以上、太らないビールの飲み方をお伝えしました。これから夏本番。ビールを飲む機会が増えるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

お酒で体が壊れる前に!「女が選ぶべき肝臓に優しいつまみ」5選

※ トマトのアレに毒?「食べると体に危険の恐れ」身近な食材5つ

※ ヨーグルトも果物も!せっかくの栄養ぶち壊し「NGな食べ方」3つ

ホステス経験…アリ?男が勘ぐる「お酒の席での親切行動」4つ

※ 最強の1分メンテ!みるみる引き締まる驚きの「小顔形成術」

 

【姉妹サイト】

※ 剃っちゃダメ!彼女の「ムダ毛がかわいい」という男の多さに驚愕

※ ホッと一息…に潜むワナ!「コーヒーに入れちゃダメなもの」4つ