過酷!「女は夏に3歳老ける」その理由と6つの予防策

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「女は夏に歳を取る」

そんなショッキングな見出しを女性誌の特集などで目にしたことはありませんか?

マックスファクターのスキンケアブランド『illume(イリューム)』のサイト(※)によれば、6月と9月に『シワ』『シミ』『キメ』『毛穴』といったポイントごとに20人の女性(25~43歳)の肌状態を測定したところ、たった4カ月で最大3歳も肌年齢がアップしたという結果が得られたとか。

つまり、決して大げさではなく、たったひと夏で肌が3歳年を取るということも、十分あり得る話なのです。

 

それでは、なぜ夏に肌老化が進むのでしょうか。その原因は、『紫外線』『エアコン』『生活の乱れ』といった夏ならではのダメージ要因によるトラブルの連鎖にあります。

まず、エアコンによる冷房が冷えや乾燥を招き、肌はうるおいのない状態に。つづいて、乾燥してバリア機能が弱まった肌に、紫外線ダメージが追い打ちをかけます。

さらに、寝苦しさからくる睡眠不足や暑さによる食欲の減退などで睡眠リズムや食生活が乱れがちになるため、ダメージを回復させるためのターンオーバーが正常に働かなくなってしまうのです。

これはいってみれば、肌が夏バテを起こしているような状態。吹き出物ができる、肌がくすむ、シミが濃くなる、毛穴が目立つ、乾燥やカサつきがひどくなる、目のクマや小ジワが目立つといった症状が出てきたら要注意! 早めのお手入れで、肌老化につながるのを防ぐことが必要です。

 

■必読! 夏の肌老化を防ぐための6つの秘策

そこで、夏の肌老化を防ぐために有効な対策をまとめてみました!

1. 夜ふかしはやめ、早めの就寝を心がける・・・私たちの肌は夜眠っている間に、日中に受けたダメージを回復させています。質の良い睡眠は、美肌づくりに大変重要です。

2. バランスの良い食事を取る・・・冷たいものや口当りの良いものばかりを食べて食事のバランスが偏ると、必要な栄養素が不足してしまいます。肌の新陳代謝を促すためには、良質なタンパク質とビタミン、ミネラルが欠かせません。栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

3. 適度な運動で代謝を上げる・・・体が冷えていると肌に栄養分が行きわたりにくくなります。新陳代謝を促すためには、血流を上げることが大切。寝る前のストレッチなどで全身の血流を上げると効果的です。

4. 湯船にしっかり浸かる・・・暑い時期はシャワーで済ませるという人も多いと思いますが、体の中の老廃物を排泄し、血流を促して必要な栄養素を体中に送り込むためにも、1日1回は湯船に浸かることをおすすめします。

5. ローションパックで水分をたっぷり補給する・・・肌の水分補給には、コットンを使ったローションパックがおすすめ。コットンに化粧水をたっぷり含ませ、顔全体に貼り付けて、5~10分ほど放置。この方法ならテレビを見ている間にも簡単に水分補給が可能です。

6. 洗顔のしすぎに注意する・・・過度の洗顔は、お肌に必要な皮脂(天然の保護膜)まで取り去ってしまいます。水分と油分のバランスが整っていてこそ、肌は美しい状態をキープできるもの。肌に必要な油分まで奪ってしまわないように気をつけましょう。

 

ケア不足を放っておくと、夏バテ肌を引きずったまま、やがて訪れる秋に一気に肌トラブルが押し寄せます。早めに対処することで、夏の終わりの美肌度が大きく変わってきますよ!

 

【参考】

illume.com – ひと夏で、お肌は3歳年をとる!? 必見!春夏の簡単スキンケア術